DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

メイ首相のファッションに見る、ジュエリーから洋服を決める方法

ジュエリーを決めてから洋服をえらぶ


もうすぐ、英国の総選挙で、毎日メイ首相がテレビ画面に映し出されている。
彼女のファッションスタイルは、まずジュエリーと靴。

そんな印象を受ける。

https://www.facebook.com/TheresaMayOfficial/videos/1741444745872291/

ジュエリーを選んでから、洋服を選ぶ、

そういう手順は日本人的発想ではないかも知れないけれど、実は非常に効率的で、かつファッションにアイデンティティや「自分」を楽に反映できるような気がします。

私自身はファッションは、勉強中で、まだまだ素人ですが。

想い入れの強いジュエリー1つあれば、むしろ他はユニクロのTシャツでも何でもいい。

それなりの意義のあるジュエリーを着けることで、急に厚みのある装いになるからです。

母から受け継いだジュエリーなど自分の歴史が詰まっているものを着ける


シンコーストゥディオ カスタムオーダー、リフォーム

たとえば、母親から受け継いだジュエリーを着けているとする。
もう、それだけで、自分の歴史的背景を表す装いになる。

あるいは、自分の好きなアーティストのコンテンポラリー・ジュエリーなどを身につけるとする。
それ1つあれば、自分の主張が見え隠れ。後は本当にシンプルなシンプルな洋服でいいのです。

 

 

とはいえ、親から受け継いだジュエリーは少し古臭い場合もある、時としてはアンティークの価値がある場合もあるので要注意だが、やはり今の時代に合うようにもしたいときがあります。

それで、最近ご要望が多いのがジュエリーのカスタム・リフォームのご相談。

シンコーストゥディオはオリジナルコレクションを持つ会社なので、ブランディングを考えたら通常だったらカスタム・オーダーやリフォームを受けるべきではないのかもしれません。
けれど、私には歴史つなぐジュエリーの価値は、他のものにない魅力であり、ジュエリーの仕事の醍醐味だと考えています。
ですから、ジュエリーの カスタム・オーダー/リフォーム も受けています。

あくまでも、モダンで、シンプルで、クールに。しかし、お客様のご要望をお聞きし一点一点デザインから起こします。

今までのジュエリー・カスタムオーダーのお仕事をご覧になりたい方はこちらへ

 

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shinkoblog.com/tb.php/365-9b9d93ad
該当の記事は見つかりませんでした。