DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

静かにつたえる力- アートジュエリーに関わって

声高ではなく、静かにつたえる力


先日のドイツのコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子の銀座での個展、及びシンコーストゥディオでの展示をサポートして思うところ。
アーティスト、ギャラリー、ジュエラーの垣根を越えてみる-西林佳寿子個展での試み 5/7(日)~13(土)  アートとしてのジュエリー

明日!5/27日(土)2:00~5:00西林佳寿子来店


私はビジネスとしてジュエリーの仕事をしています。

でもアーティストの人たちは、素晴らしい創造性を持ちつつ、やはり何か浮世離れした世界に漂っている。
資金繰りが第一の課題であるビジネス的に見ると、のんびりしていて、困っちゃうなあと思うことも多いのですが、一方で、これもありだと思うのです。

きっとこういう人たちも世の中にいないと、息苦しい世の中になってしまう。
彼らには、声高ではなく、静かに想いをつたえる力がある。

ちょっとした仕掛けが楽しい、優しい気持ちになるジュエリー



アートとしてのジュエリーには色々な仕掛けがあることも多いのです。
くすっと笑ってしまうような遊び心。
イタリアで活動する栗原章子の作品。

alchemistic stick from Akiko Kurihara on Vimeo.



今回の、西林佳寿子の作品展でも、同じ板を組み合わせた交差したブレスレットや、同じ板から全く違う造形をつくりあげたブローチなど。
opening_4_1000.jpg

こういう作品をつくり出したり、購入することは、今の社会情勢からみると対極的に小さい個人的なことであるけれども。
なんだかとても健全に思えます。
こういうジュエリーを着けていると、どんなときでも笑えるような気がします。

寛容で、心地よくて、面白い。

だいたい、人の幸福なんてものはそれほど大それたものではなく、日常の「うまくいった」の積み重ね。

アートやクラフトの世界を少し身近にしてみよう


今私たち、シンコーストゥディオが取り組もうとしているのは、こういったメタルワーク(金工・彫金)のアートやクラフトといったアーティストやクラフトマンと一緒にものづくりをし、彼らの仕事を紹介、一般の方々との距離感を縮めること。

今取り組んでいる新作のテーマは

「丁寧に日常を生きる」

アーティストや若手クリエーターの力を借りつつ、日常の生活を慈(いつく)しむことができるジュエリーをつくりはじめています。

何でもない日常を維持する難しさ



なんでもない日常というのは、あっという間に消えてなくなるということが、震災以降の多くの人が気づいてしまった。
実は大変な努力をしていないと、日々の生活は明日にでも壊れてしまう。
だからこそ、日常を大切に、慈しんでいこうという提案。

きっと、このテーマは一般的なジュエリーの概念とは相反するものと思われがちです。
しかし私たちは、表面的ではない本来のジュエリーの役割は日常にある。
だからこそジュエリーが存在している、ということを伝えていきます。

アーティストやクラフトマンが参画していくジュエリーは、非常に静かに、力強く、その想いを伝えていく力があると信じています。



シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリー・アーティストとの仕事をデザインしてみる

西林佳寿子展から思うこと


5月7日~13日に銀座のACギャラリーで開催された、西林佳寿子の個展が終わりました。
今回、私は昨年西林さんと一緒につくったSurface[面と線]という作品の出品に伴い、個展のお手伝いをさせていただきました。
opening_1_1000.jpg


アーティストの世界と言うのが、こういうものだったのかと、実はあまり芸術に明るくない私は様々な感想を持ちましたので書きました。

きれいなカタチや質感って、なんだか不思議で心地いい


今回の個展で、驚くことに出品の半分以上が新作でした。
彼女の制作意欲のパワーはすごいなと。
しかも、それぞれが創造性に満ちている。

たとえば、このブローチは全て同じ形の板なのに、出来上がりが全て違う。
opening_4_1000.jpg


たとえばこのバングルは2枚の全く同じ形の板を交差しているだけで、溶接もなにもしていない。
opening_3_1000.jpg
そのからくり?に「へー」とか「はー」とか関心するだけではなく、出来上がったカタチが皆が納得する美しさを持っている。
こんなものが、ちまたに売っているのだろうか?出回っているのだろうか?
と思うと、彼女たちはもっと評価されるべきだと、そう思うのです。というのは、こういう感性というのは今の閉塞感に満ちた時代に、何となく心の落ち着きをもたらしてくれるような気がするのです。

きれいなカタチや質感って、なんだか不思議で心地いい。

ささやくように、声高ではなく人の心を救う


数年前に彼女に出会ってから数年建つけれど、彼女の実力は本物であった。と今思っています。

20年以上、ずっとドイツでこつこつとジュエリーをつくり続け、その間にはもちろん、言葉の壁、人種の壁、国籍の壁、そしてアーティストとての壁。色々乗り越えてきたのだと思います。それが作品に出ているのだろうと感じます。

彼女がすごいなと思うのは、アーティストとして自分の作品だけで生きてきたこと。

こういう、ジュエリーこそが、人の心を救うような気がします。
しかもそれは、ささやくように、声高ではなく。

ちなみに、西林さんがドイツに戻る前に、急遽4日限定でシンコーストゥディオで、「西林佳寿子展Extra edition」をさせていただけることとなりました。
詳細は下記の通り

西林佳寿子展 Extra edition
2017.5/25(木)~28(日)
シンコーストゥディオ世田谷ショップ
Open:10:00~19:00
27日(土)14:00~17:00 西林佳寿子がショップにおります。
ぜひ、お話に来てください。
詳しくはこちら シンコーストゥディオニュース

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリーのデザインについて思うこと

3_gdsign_surface_square_3d_20170316090452fe2.jpg

誰のためにデザインをするか


ジュエリーのデザインというと、ダイヤがあって、きらびやかで、華やかで、そういうイメージがあります。
しかし、今ジュエリーのデザインの状況というのは世界において、大きな潮流が分かれていっているように感じるのです。

1つは、新興国におけるジュエリー展示会での豪華な富を象徴するジュエリーと、人の発想や創造性などを根拠とする、人の心のより所となるジュエリー。

私自身は後者の方のジュエリーが今の日本や先進国には必要とされていると考えているし、自分自身もずっとそういったジュエリーをつくりたいと考えていました。

それは、本来のデザインということに立ち戻ってみるならば、デザインは本来「社会の要求や問題点をすくい取り、一緒に問題解決をしていく。」という役割があったはずで、私たちつくる側が、独りよがりにつくってもあまり意味がない。

ですから、今を生きている人たちが本当に欲しいもの、あるいはこのジュエリーを着けたら、なにかその方の心が変化するとか、感動するとか、受け取る側の人の心の微妙な機微を感じ取らなければいけないと思っています。

あくまでも、買う側、つける側の要望に沿ってつくる。
そして、最終的には、「つくる、うる、つける」人たちが、うまく折り合いがつくところでお互いに知恵を出し合って、いいものが買えるようにする。ということでしょうか?

デザインとはジュエリーそのもののことだけではない


とはいえ、私自身はジュエリー自体のデザインもしないし、絵もかけない。

よく私が店頭で接客して、「すべてオリジナルの商品で、私がオーナーです。」と話すと「ジュエリーデザイナーですか?」とか「自分でつくるクラフトマンなのですか?」と聞かれます。

確かに、デザインをすることも時々はあるし、どうしてもというときは簡単なろう付けくらいはする時もあります。

けれど、基本的には直接デザインの絵は描かないし、製作もしません。

今、一番日本のジュエリーの世界に足りないのは、社会とジュエリーをつなぐ窓口だと考えているからです。

ジュエリーをつくりたい人は、本当にいっぱいいるのです。

でも、今の社会の要望と合っていなかったり、あるいはジュエリーの製作側の本当の意図が伝わっていなかったり。つまり俯瞰して物事を見て、ディレクションというのでしょうか?プロデューサーというのかな?
そういうことを生業(なりわい)としている人が、ほとんどいないということに気がつきました。

だから、それからは自分で直接デザインをするのではなく、もっと才能があるアーティストやデザイナーの力を借りて、私が営んでいるシンコーストゥディオをうまく利用してもらえばいいと、考えるようになりました。

そして、そこにお客様や、クラフトマンや、色々な人が集まって語っていける場所になればいいと考えたのです。

今、やっと少しずつその形ができつつあります。

デザインって、実はそのジュエリーそのものの形だけではなくて、そこにいたるプロセスだとか、背景だとか、空間だとか、そんなものを含めて、「デザイン」というのではないか?

と、デザインの専門家でもない宝石屋のおばちゃんは思うのです。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

新しいウェブサイトができました - 伝えるということについて

ウェブサイトで伝えるということ


先週、シンコーストゥディオのウェブサイトを刷新しました。
シンコーストゥディオNEW ウェブサイト
slide04.jpg
まだまだですが、私たちの人に対する思いや、ジュエリーの向き合い方を、少しずつ知ってもらえる窓口になればと考えています。

ITと「ほっこり」とした人の想いというものは、非常に相反している部分があるのですが、ものをつくる側としては、どこかで我々の想いを伝え、身につける方から意見をいただきたい。
ウェブサイトは、「つくる」「うる」「つける」人々が交わるプラットフォームだと考えています。
だからこそ、ウェブを新しくすることにしました。

コレクションページの雰囲気もだいぶ変ってきたかもしれません。
少しずつ、少しずつ、お客様やクリエーターの人たちとつながって、意見を交わす中で、今求められているものと、私たちが伝えたい思いが形になってきている気がします。
webcollection_1.jpg

たかが、ウェブサイトですが、更新に着手して約半年間、社内のウェブ担当者と地道に協議と作業を重ねて、重ねて先週オープンすることができました。
ちなみに、ウェブ担当者は現在、台北(台湾の首都)に住んでいて、Skypeでのやり取りがほとんどですが、時差もほどなので、あまり不便を感じたことも無く、スムーズに仕事をしています。

地域から世界へ発信


今回は、英語ページも新しく、強化しています。
英語ページはこちら

ウェブサイトの英語化は、以前から行っていて、ドル決済によるオンラインショップも開設していますが、やはり世界の共通言語である英語で、自分たちのジュエリーに対する思いを発信していくことは、とても重要だと考えています。

シンコーストゥディオの世田谷のショップは東京の新宿から20分~30分程度かかる、小田急線の千歳船橋という、相当ローカルな街にあります。
それでも、時々ウェブサイトやフェイスブックを見て、海外の方が訪れたり、海外の会社が日本でジュエリーをつくりたいときのサポートなどの仕事を依頼されることがあります。

以前、外国人の投資家的な方に経営の相談にうかがったときに、「ショップの場所が悪い。ジュエリーだったら都心に出なければブランディングはできない。」と言われたことがありました。

しかし、本当にそうなのかな?

私が消費者だったら、変なところにあっても、独自性があり、実力がある、けっこう地域に根ざしたところを探して行ったほうが楽しいのではないのかしら?

そんなことを思って、結局この地に腰を据えています。

ITと地域って、規模感が違いすぎて相反しているように思えるけれど、今までITが無ければありえなかった、世界的な人のつながりが生まれたりするってことは、とても楽しいことだと思う。

とりあえず、私が書いたメッセージでも読んでみてください。
シンコーストゥディオMessage

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

若手アーティストと一緒につくってみる理由 - ジュエリーデザイン

人とつくる、人と交わる


今年のシンコーストゥディオのテーマは「人とつくる、人と交わる」。
ジュエリーという、高級商材だからこそ人とのつながりから生まれるデザインや、人との交流を通して販売するということの可能性を探っていこうと思っています。

その第一弾が、若手のジュエリー・アーティストと一緒に新作をつくるプロジェクト。

様々な人のデザインや力をかりて、シンコーストゥディオならではの一本筋の通ったジュエリーをつくっていこう、そしてお客様とアーティストやものづくりをする人たちが交流できる場を提供していことするもの。

IMG_2995.jpg

打ち合わせをしていくうちに少しずつ、デザインやプロジェクトの形ができつつあります。

コンテンポラリー・アートジュエリーの潮流


今、ヨーロッパやアメリカでは、一般的なコマーシャルジュエリーとは別に、アートを身につけて楽しむ、アートジュエリーの流れが顕著です。
ドイツで行われる「Schumuck「シュムック」やスペインで行われる「Joy Barcelonaなどのアートジュエリーのイベントが有名です。
なぜ、この流れが来ているのか?といえば、おそらく素材価値より、人の創造性や発想にお金を払って買ってみたいという要望が、社会の中にあるように感じています。

「つくる人」「つける人」が交われる場所


そして、新作発表の際には「つくる人」「つける人」が交われる場所を提供しようと考えています。
そのために企画中のイベントは
①シンコーストゥディオ店舗での、若手アーティストとのトークディスカッションや
②若手ジュエリー・アーティストたちが立ち上げたシェア・アトリエでのワークショップの企画
を考えています。

「つくる人」と「つける人」がもっと身近に、かかわりあえる場所をつくっていきます。
今後、ワークショップや新作のプロセスに関しては、順次、お知らせしていきますので楽しみにまっていてください。

大変だけど、このプロジェクトとても楽しそうだと、わくわくしています。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。