DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

20周年の 結婚記念日

結婚20年をむかえるということ


日本在住のオーストラリア人のご夫婦が2ヶ月ほど前にお店にいらっしゃいました。
2人の20年記念に、ウェディングリングをつくり直したいというのです。


20年。
長いようで、短くて。

お2人で歩んでこられた道のりは、おそらく平坦ではなかったですよね。
お子さんも育てて、お仕事もがんばって。
あるいは、こうやって異国の地に来ても、夫婦、家族さえいれば生きていける。

そういう強さと、穏やかさを併せ持ったご夫婦でした。

結婚指輪は安いもの-されど2人の20年の軌跡


「結婚した当時は、お金がなくてこんなリングしか買えなかったなんだ。」と、K9の薄いシンプルなリングをご主人は差し出しました。
「でも、これが2人で歩んで来た証だから、これを生かしてリングをつくりたい。」
というご要望でした。

しかし、残念ながら素材がK9で、ご希望が「Shinogi[鎬]」のリングだったので、あまりきれいに仕上がらないということで、K9のリングを溶かして、新しいリングに溶かし込む案はやめることになりました。

main.jpg

結局は、この「Shinogi[鎬]」のリング。
プラチナと金を途中でつないであり。側面は刀の刃のしのぎの部分をイメージしています。

ジュエリーは他の面から見たときに、驚きのある仕掛けをする


結局、残ってしまったご主人のK9リング。
何とか、身に着けられるようにしてあげたいと思っていたので、奥様が使うペンダントに変えてみました。
DSCF0780_740_740.jpg

側面に穴を開けて、チェーンを通せるように。
そして、アコヤ真珠を一粒、中央に入れてみました。

そして、それだけでは、クールじゃない。
普通の発想で、面白くない。
やはり、ジュエリーはいろいろな面から見たときに、「あっ」という驚かせて見たい。
そういう仕掛けをしておくのがわくわくします。

そこで、内側に浪葉の模様を彫りいれてみました。
DSCF0784_740_740.jpg

アコヤ真珠とのマッチングもとても美しかった。

とても、楽しい仕事でした。
人生に寄り添える仕事の醍醐味だと思います。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

光央(みお)ちゃんのリングできました

SHINKO STUDIO

先日、お客様からベビーリングのご相談がありました。
子供達が生まれた記念にリングを造られているそうです。

今回はこの光央(みお)ちゃんのリング。
0902mio1_72.jpg

「ベビーリングって、既製のものは実際使えないものが多くて、出来れば大人になったときに身につけられる、ちゃんとしたものがいいと思うのですが」というご相談。

それには、ある程度の重厚感があり、子供が小さい時はお母様がペンダントトップや小指リングで付けても素敵な物がいいと思いました。

そしてこんなベビーリングが出来上がりました。
0802bbabyr1.jpg

結構、金の地金はしっかり、ペンダントトップとしても使えるように側面には、手彫りのイニシャルと誕生日、そして誕生石のガーネット。
特に今回、この側面のテクスチャーは、とてもきれいに仕上がりました。
ちょっと、普通の艶消しとは違って、かなりきらきらします。
0902mio2_72.jpg
リングの上面は光らせて、艶消しとの対比が格好良く、決して子供のジュエリーではありません。

中学・高校生くらいになったら、身につけてくれるでしょうか?
たくさんの人の愛情の証として、ベビーリングは輝くことでしょう。

それまでは、お母様が身につけてもいいですね。
こういう想いにあふれた物こそ、永遠に変わらないジュエリーだからこそ出来る技。
光央ちゃんの成長が楽しみです。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。