DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

シルバーのお手入れ

 先日、ご来店頂いたお客様から、新しいシルバーのお手入れ方法を、教わりました。

 通常、我々ジュエラーは、専用のシルバーの黒ずみを落とす液を使ってしまっているので、目からウロコっていった感じでした。

 方法は、なべにアルミホイルを敷き、お湯を入れ、塩を入れて少し煮るといった、簡単な方法なのです。シルバーのチェーンが見事にきれいになっていました。

 あとで、調べるとこれは結構、知られている方法らしく、どうやらナトリウムとアルミの科学変化によるものらしい。

 シルバーについて話しますと、通常アクセサリー・ジュエリーで使われているものは、スターリングシルバーといい、1000分の925%の銀の含有量です。
 ただ、銀以外の混ぜ物については、国や作っている地金屋(じがねや)などで違ってきます。

 ですから、シルバーのリングのサイズ直しが敬遠されるのです。
どうしても、ロー目という線が出てきてしまったり、日本製ではないシルバーの中には、ひどい混ぜ物で作ってある物もあり、リング自体がだめになることもあるのです。

 そしてもうひとつ、よくシルバーは黒くなるので、嫌がる方がいらしゃいますが、身に付けていればそれ程黒くならずに済みます。よく使ってあげることが、シルバー自体にもいいのです。

 あと、方法としてはロジウムメッキをかけるという手もあります。ただ、こちらは、ほっといても大丈夫なのですが、やっぱり長い年月で色が変わります。そうなるとメッキをかけたお陰であまりきれいになりません。
 ロジウムメッキをかける場合に、ニッケルをかけたり(仕上がりがきれいなため)することもあるので、長い目でみると、メッキをかけるのはどうかと思います。

 そんなこともあって、ティファニーのシルバー製品などは、メッキはかかっていませんね。でも、ティファニーのビーンズのネックレスのチェーンは細すぎて、一時、相当修理がきました。(または取り替える方が多かったです)

 とにかく、メッキなしのシルバーの黒ずみは結構取れます。歯磨き粉でごしごししてもとれるし。(ただぴかぴかにきれいの磨けるかは別です。)クレンザーだって。

 でも、私どもが扱っているのはあくまでも、ジュエリー、磨きにこだわる毎日です。

From G.G Akiko

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。