DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

丁寧に日常を生きる

日々の生活にこそ、豊かさがある


朝起きる、朝日を浴びる。
朝食の用意をする。
ご飯を食べる、
洗濯をする、掃除をする。
仕事に行く...

日々忙しく過ごしていると、こういう面倒な一日の作業をふっ飛ばしたくなったり、やめてしまいたくなる。

私自身も、仕事をしながら子育てをしてきたので、朝はとにかく戦争状態。
一分一秒たりとも時間がなかった。

最近、少しずつ感じているのが、こういう生活もあながち間違いではなかったかとも思う。

忙しい時間のなかでこそ、日々つくる家庭料理や、日常に使う器、雑貨にちょっとした楽しみや喜びを感じていたのかも知れないと、それが人の幸福感の本質ではないかと、思い始めています。

ちょっと自分でつくってみる。
ちょっと気に入った湯のみでお茶を飲んでみる。

一手間なのですけれど、そこに感じる喜びというものが、ひどく豊かな感じがします。

日々の生活の中に、上質なものをもぐりこませてみる


たとえば、ちょっとだけ花を飾ってみたり。
節目節目の日本古来から伝わってきた行事などを、祝ってみたり。

そこには、自分のアイデンティティみたいなものが反映されて来るだろうから、とてもすてきだ。

それを、随分と昔に提唱している人がいて、日本の「民藝運動」を引っ張った柳宗悦。
日本民藝協会
「用の美」という言葉で、「日々の生活に使われるものにこそ、本当の美しさがある。」という考えを、1926年にお始まった民藝運動を通して、提唱していた方です。

これって、もしかしたらジュエリーにもつながるのではないかな?
日本のジュエリーは、元々刀の鍔(つば)などの装飾をしていた金工の仕事をしていた人たちが、ジュエリー製作の道へ進んでいったという背景があります。

だから、私はそこにどこかしらアイデンティティを感じるジュエリーづくりがしたいと、そんなことを考えている。

ジュエリーは思った以上に、職人の技術や創意工夫が必要なもの。
しかも、何年たっても仕上げ直しや、修理ができるのが基本。
ずっと身につけていられる。

「丁寧に日常を生きる」

今回の新作のテーマです。
ジュエリーと日常はつながらない。
ジュエリーは非日常のものと思われている。

そうではなく、「ジュエリーも日々の生活に身につけてこそ意味があり美しい。」と思う。

そういう、社会でのイメージや考えを、少しずつ少しずつ変えて行きたいと思っています。
そのために、日本のものづくりや、アート、デザインの力が必要なのかと思います。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

オバマ大統領の最終演説- 多様性

多様性を実感するとき


8年前に、オバマ大統領が就任した際に、友人である中国系の女性が、とても興奮していたことを思い出します。
彼女は、両親とも中国系ではあるのですが、親自体も日本で育ち、横浜の中国系の学校を卒業し、父親は中華料理の世界ではそれなりに有名だった様です。そして彼女はインターナショナルスクールの出身で、アメリカの優秀な大学を卒業していました。
また、ご主人在日韓国人の3世でやはりインターナショナルスクールを出てアメリカの大学、大学院までいき国際的な会計関係の会社に勤めていました。彼女自身はすでに日本国籍を持っていましたが、上の2人のお子さんはアメリカで生まれたのでアメリカ国籍も持っています。
しかし、一般的な日本人からすると、彼らは相当少数派のマイノリティで、日本での生きづらさを感じていたのではないでしょうか?

けれども、アメリカでの生活が良かったか?というとそうでもなさそうでした。ご主人はアメリカでは韓国人として扱われるので、日本人より信用度が低く、10年近くアメリカに住みながらもなかなかグリーンカードがもらえないと言っていました。ご主人は弁護士の資格を持っていましたが、それでもかなり難しいようでした。



マイノリティにとっては、どこの国にいっても、規格外でいつも居心地の悪さを感じながら家族や知り合いで力を合わせて生きていくというのが、一般的のようです。

ですから、オバマ大統領が「いかなる民族のアメリカもなく、ただあるのはすべての人へのアメリカ合衆国のみ。」と話していたことには希望をもったでしょう。

いつでもマイノリティになりうる


今、実感しているのは、人はいつでもマイノリティになり、一般的なルートからはずれる可能性があるということ。
みな、いつか死ぬのだし、いつかは障がい者になる。

お金持ちも、貧乏人も、社会的勝者と言われる人たちも。

そういうことを考えると、少数派をバカにできない。
また、彼らの意見に耳を傾けることもだいじだと思います。

どうしたら、自分の仕事を通じて、訴えかけができるのであろうか?
日々考えようと思います。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

「悩みの量こそが人間の深さ。」

人生は苦しいのが当たり前


2016年も、もうすぐ終わろうとしていますが、おせち料理に本格的に取り掛かる合い間に書いています。
年末の掃除をして本屋に立ち寄ったさい、つい引きよせられて買ってしまった佐藤愛子の本。
「人間の煩悩」
今まで書いてきた本の、語録を色々と集約している本です。やはり、さすが佐藤愛子、すっきりするし、腹にストンと落ちる。
IMG_3298.jpg

そこから、少々紹介します。

「損をするまい」といきたくない
-あるときはあるように生活し、ない時はないように生活する・・・。
それが私が到達したい生き方の理想である。私はこうも思う。
-泳げなくても、飛び込めば泳げるようになるものだ・・・。
(中略)
私が無考えに行動して、失敗したり損を重ねて苦労を招いていることを心配する人たちに答えるとしたら、
「しょうがないのよ、こういう人間なんだから」
とういうしかない。
「だから考えを変えなさいといっているのよ」
としつこくいう人には、
「これが気に入ってるんだから、それでいいだろうッ!うるせえな!」
と俄かに荒々しくなる。

また

多くの人は「順風満帆」を何よりの幸せだと思っている。つまづきのない、順調平穏な人生に憧れる。しかし、この世にそんな人生なんてないのだ。蹉跌(さてつ)があってこそ生きることに意味があるのだ。
(幻冬舎新書 佐藤愛子 「人間の煩悩」から)

実に、まさに、その通り。
今年一年は本当に色々あった、私自身もとても身にしみる言葉です。

しかし、どんなときでも強く、自分を信じて生きてみる。
時には、不義理と見えることもあるかもしれないし、批判されたり、不幸に見舞われたり。
それは、それでしょうがない。でもそこからどうやって生き抜いていくか?
そして楽しく。

その覚悟が、今の時代にこそ必要な気がしています。

「人生は苦しいのがあたりまえ」
苦しかったら、生きている実感があるというものだ。

ふふふ、これかどんな「苦しみ」が襲ってくるのかな?
ひるまず、たじろがず、2017年もいこう!





シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

スロー イズ ビューティフル ゆっくりって美しい

2014_2_21.jpg

遅いってすばらしい!
先日、友人に貸していただいた本。我らの子供たちのことが書いてあるので読んでみて。と言われて読んでみました。

結局内容は、今の時代は何でも早さを追い求め、大量生産、大量消費、大量廃棄に繋がっている。そして、その大量生産がもたらした便利な道具や機会は、人々に楽をさせるため、時間を作るために開発されてきたのに、その時間はいったいどこに行ってしまったのか?という話です。
そしてその結果我々は幸せになったか?という問いかけ。

もっとゆっくりでSlowのほうがいい
我々は今の楽しいことを我慢して、「将来のために」目標を持って働いたり、勉強をしたりすることがすばらしいっていうけれど、果たしてそれは人間にとって幸せなのだろうか?
本来人間も、自然の一部なのだから「今日、この日を生きている」それだけでもいいではないか。

確かに、確かに・・・そう、頷きながら読んだ本でした。

もっとSlowに、もっと優しく、もう少し人の力が非力だってことに気づいて生きてみてもいいと思いました。

とはいえ、現実はなかなか、そうはいかないのだけれど。そういう生き方が多分、理想なんだろうと思うのでした。

ジュエリーなんかいらないけど・・・
そう考えると、ジュエリー造りはかなり、スローな仕事。正直、エジプトの太古の時代から基本的に人が石を研磨し、金を加工し、あまり変っていないかも。でも、ジュエリー自体も本当はいらないのです。人間には必要ない。
でも、一つだけ思えるのは。この精緻な仕事を積み上げてきたのが、やっぱり人間にしか出来ない業(わざ)だってこと。すばらしい仕事を目の当たりにすると、そういう情熱も大切かなとも思います。

でも、すばらしい仕事って、多分造る人、売る人が楽しくてしょうがない場合しか出来上がらないし、世に出てこないのだろうと思います。
大量生産、大量消費の世の中にあって、少し反対に舵を切っている感じもしないでもない。

だから、こんな仕事をしているんだろう。そうこの読書感想文を締めくくろう。

シンコーストゥディオ ウェブショップはこちら 

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

今日は小学校の卒業式

震災発生からはや、2週間。

何とも中身の濃い2週間。

実際地震にあい、少々命の危険を感じ。
初めて、「故郷(東京)を離れて暮らさなければいけないかもと」いう考えが頭をよぎりました。
それを考えると、今安住の地から離れて避難生活をなさっている方々に対し、胸のつまる思いです。

これほどの混乱、混迷、混沌・・は戦後以降、日本にはなかった。
今私はわずかな力しかないけれど、どうにか日本を立ち直らせたい、そういう想いにかられています。

そして、今日東京では、公立小学校の卒業式がおこなわれました。
そこで、岩手出身の宮沢賢治が教え子にあてて書いた詩をご紹介します。

生徒諸君に寄せる  宮沢賢治

 この四ケ年が
 わたくしにはどんなに楽しかったか
 わたくしは毎日を
 鳥のように教室でうたってくらした
 誓っていうが
 わたくしはこの仕事で
 疲れをおぼえたことはない

 諸君よ紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
 諸君はそのなかに没することを欲するか
 じつに諸君はその地平における
 あらゆる形の山岳でなければならぬ

 諸君はこの颯爽(さっそう)たる
 諸君の未来圏から吹いてくる
 透明な清潔な風を感じないのか

 それは一つの送られた光線であり
 決せられた南の風である
 諸君はその時代に強いられ率いられて
 奴隷のように忍従することを欲するか
 むしろ諸君よさらにあらたな正しい世界をつくれ
 宇宙は絶えずわれらによって変化する
 潮汐や風
 あらゆる自然の力を用いつくすことから一足進んで
 諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ
 新しい時代のコペルニクスよ
 あまりに重苦しい重力の法則から
 この銀河系を解き放て
 新たな時代のマルクスよ
 これらの盲目な衝動から動く世界を
 すばらしく美しい構成に変えよ

 新しい時代のダーウィンよ
 さらに東洋風静観のチャレンジャーにのって
 銀河系空間の外にも至って
 さらに透明に深く正しい地史と
 増訂された生物学をわれらに示せ
 衝動のようにさえ行なわれる
 すべての農業労働を
 冷たく透明な解析によって
 その藍いろの影といっしょに
 舞踊の範囲に高めよ

 新たな詩人よ
 雲から光から嵐から
 新たな透明なエネルギーをえて
 人と地球にとるべき形を暗示せよ

 
力強い詩。
私たちは若者達に新しい希望を見いだす。
頑張ってほしい。

南相馬で自宅で一家で屋内待避して頑張っている佐々木孝さんのブログ
モノディアロゴス
考えさせられます。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。