DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

ジュエリーというものについて-外国人顧客から教えてもらうこと

商店街の一ジュエリーショップ


ここのところ、とても外国人のお客様が多い。
昨日もドイツ人の男性にご来店いただきました。

うちにいらっしゃるお客様はとても不思議な感じです。
いわゆる、観光客ではなく、日本に住んでいらっしゃる方が多いのですが、一言で言うと人としての温かさを感じます。


これは、結婚20年の記念にシンコーストゥディオのShinogi[鎬]というリングをご発注いただいたお客様のもの。うちのFBページに素敵な投稿をしてくださいました。

彼らはかなり収入もあり、港区あたりのいい場所に住んでいたりするのですが、各駅しか止まらない小田急線の千歳船橋のお店に来てくださる。
私が言うのもおかしいですが、「いや彼らは偉いなあ、よく来るなあ。」と関心します。
実際に来てみると、小さくて、思い切り商店街の中の宝石店で、そこに宝石屋のおばちゃんがいるから、少々引くのではないか?と思うのです。
しかし、せっかくここまでやって来たのに...と思って勇気を振り絞ってお店に入ってみるのかしら?

IMG_7370_1000_72.jpg

ちなみに私には留学経験も無ければ、海外渡航経験もかなり少ないので。英語にはかなり苦手意識があります。

外国人のお客様へのアプローチを始めたわけ


10年ほど前から英語をウェブサイトをつくったり、時々インターナショナルスクールのイベントに参加してみたりしていました。

なぜそんなことを始めたのかといえば、
日本のジュエリーは西洋ジュエリーのフェイクではないということを、伝えたかった。

明治初期、大名に抱えられて刀の装飾の仕事をしていた金工の職人たちが、廃刀令を境にジュエリー製作に仕事を転換したという歴史があったからです。
(詳しく知りたい方はこちらをお読みください

そういったバックボーンは本来、日本人にこそ伝えるべきなのでしょうが、色々チャレンジしたけれど中々伝わらない。

これはもう、日本人以外の人たちに伝えるところから始めるしかないと思いました。
しかし、もちろん、海外に進出する資金も度胸もないし、経験もない。そこでおのずと、近場の日本駐在の外国人の方々に、アプローチを始めたのです。

外国人顧客も日本人顧客も求めているもの


10年近くして、今感じているのは、外国人顧客も日本人顧客も、好みの違いや文化の違いはあれど値段や表面的なデザインだけを求めているわけではない、ということです。

結局は、きちんとしたものをつくり、今の社会の人たちが感じている何かを察知して、新しいことに挑んでいく姿勢。または、人として真摯に付き合っていく、そういう当たり前のことが大切なのだと感じています。

そして今、ジュエリーというものが「成功した、幸福な方のためだけ」にあるものだという考えも、改めなければいけない。

ジュエリーを「つくる」「売る」ということは、その方の人生や歴史に寄り添う覚悟が必要なんだ、甘くないなと思うようになりました。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリーを身に着ける意味と意義

名誉や地位の象徴としてのジュエリーはもういらない


ジュエリーというと華美で、華やかで、そういったところに着けていくもの?というイメージがあって、正直私はそういうものに興味はない。
人間の本質は、着飾ったものではなくて、もっと素のところにあると感じていて、ずっとジュエリーのあり方に違和感を感じていました。
地位とか、名誉とか、そういったものに人間の本質をあまり感じないのです。

ジュエリーというと、もちろん、そういったお金を手にした人たちが身に着ける。成功の象徴として身に着けるものというイメージがあります。
少なからずジュエリーは高額品だから、どうしてもそうなります。

でも、もう1つジュエリーにはジュエリーがあるべき本来の意味が存在する。
それが、人の心を伝えるとか、想いをつなぐとか、そういう重要な役割だと思うのです。

私は、できればそうった役割を担えるジュエリーを提案したい。

想いを伝えるものだからこそ、きちんとつくるジュエリー


だからこそ、ちゃんとつくったものを伝えたいと思う。
金を使って、プラチナを使って、ダイヤを入れて...
素材は高い。

ましてや、これをつくるのは、実に想像以上に手仕事で、クラフトマンの技巧が必要です。

さらに、ジュエリーに意味をこめるにはやはりデザインが必要で、意味のあるデザインをしていきたいと思うと、アーティストの力も必要になってくる。

当然高くなります。

でも、それでもきちんとしたものを提供したい。

安かったら、売りやすいです。

でも違う。

そんなに数はいらないから、毎日つけて、磨きなおしてまた着ける。
ジュエリーは究極の手仕事と何年たっても変化しない強靭な素材で人の想いをつないでいく手助けをしている。
そして、また後の世代につなげる。

だから、普段に身に着けられるちょっと上質なものが必要だと、感じています。

そういうのものをつくっていきます。

それを身に着けて、日々の悲喜こもごもを乗り越えて欲しい

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリーの誤解  

ジュエリーは不要なものなのか


IMG_6080_1000.jpg
「ジュエリーってパーティで着けるものだから、もうい今はいらない。」という人は多い。
ましてやお金持ちの象徴のようなものをチャラチャラ着けているのも、今はあまりかっこよく見えない。

たしかに、もののいらない時代かもしれない。

そしてジュエリーは高い。

でも、不要なものなのかな?とも思う。

実は、今までのジュエリーの考えられてきた「華美だから、不要なもの。」というイメージを変えたいとひそかに、いやかなり本気に考えています。

おそらく、このブログを書いている理由のひとつは、その伝道活動の1つかもしれません。

安くて簡単に出来るものの、究極の反対側にあるジュエリー


最近閉口するのが、電話加入の勧誘の電話。
電話の仲介の会社を変えると「安くなる。」らしい。
しかし、この競争、常に「安くなる。」がうたい文句。

どうやら私は、昔からへそ曲がりらしい。

こういう電話がかかってくると、「もういいです。」と断ってしまうことも多い。
そうすると電話の向こうの人が、すごく不思議そうに「だって安くなるんです????」と聞いてくる。
もちろん、安いことに誘惑が無いわけではないから、ほどほどに話を聞いたりはするけれど、一日にあまりにも多くの電話がかかってくると、もう少し頭を使って仕事をしようよ。価格競争の果てにいったい何があるんだろう?とも思ってしまう。

そのまったく反対側にいる、私たちの仕事。

デザインした想像力とか、どこまでもストイックに仕事をして出来上がったジュエリーを、どうしたら適正価格で、しかもお客様が納得する形で買ってもらえるのだろうか?

そればかり考えている。

この世で必要とされているかの評価が、値段


結局は、世の中でどれだけ必要とされているかが、値段の評価。

いまこそジュエリーが必要な時代なのではないか?と思っている。
私は、相当庶民で、まったくお嬢様でもなかったので、華美なジュエリーというものに、興味も無かったし、自分らしくないとずっと考えてきた。
けれど、私のジュエリーの捉え方が、間違っていたということに気づいてから、本当の意味でジュエリーをきちんとプロデュースできるようになってきたように思う。

心のよりどころになる、それがジュエリー


私がつくるジュエリーは、普段使いのジュエリーがほとんど。
けれど、決して安いとはいえないかも知れない。

ずっと身につけるものだから、ちゃんとつくりたい。
心に寄り添うものだから、アーティストが、クラフトマンが、デザイナーが本気で、魂を注ぎ込んでつくるものではなければいけないと思っています。

そして、毎日、まるでお守りのように身に着けて欲しい。

使い倒して欲しい。

そしたら、また仕上げなおしをしましょう。

また、ほぼ新品に直しましょう。

そうやって、10年、20年...100年だって身につけられるものに、なって欲しいと願っています。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリーブランド

ジュエリーブランドって,なんだろう?


わたし自身が、ジュエリーを造っている身でジュエリーブランドのことを書くなんて、公平とはいえないので話半分に読んでいただければと思います。
いわゆる世界的に有名といわれる「ジュエリーブランド」って結局、広告宣伝の賜物ではないかな?考えます。
しかし、それを知ってその上で、絶対的なメンテナンスや買い物時のいい気分を味わいたいならそれは、それでいいと思います。それはそれぞれの価値観によって決まります。
また、ジュエリーではありませんが、ローレックスなどは確かに修理やメンテナンスも恐ろしく高いけれど、50年以上の前の部品もちゃんと取ってあるから、その点では理念があるというかすごいと思います。

先日も「世界的ジュエリーの方向性」で書きましたが、ジュエリーブランド自体を選ぶ基準が変わってきていると思います。

広告宣伝を、派手にやるものより、地道にやっている、もっと人間同士の触れ合いがあるジュエリー、そういうものの方が価値があるって、人々は少しずつ感じてきている。

零細だけれど、親身になってもの造りをしてくれるところ。
信念があって続けているところ。
そういうところのジュエリーが欲しくなります。それは、ジュエリーに限ったことではないけれど、買い物をするときの基準が変わってきていると感じます。

サステナブル 持続可能であること


「サステナブル Sustainable」ちょっと最近よく聞く言葉です。いわゆる持続、継続が可能なことです。
ジュエリーに関してはあまりにも耐久性があり、代々に渡って受け継がれるものなので、メンテナンスやサービスが持続継続可能であることも。信用を得る大切なポイントでしょう。
つまり、ずっとそのブランドが信念を貫いて続いていくこと。
ですからジュエリーを造る側にもそれなりのシステマティックな経営感覚が必要で、時代と共に生き抜いていく覚悟が必要でしょう。

どうしても個人や零細で造っているとあたりが弱いと思います。

そのあたりも鑑みて、それでもそのジュエリーがいいか?自問自答してみましょう。
とはいえ、いまや大きなブランドだって、LVMH(ルイ・ビトンのグループ)に戦略的にお買収されているので持続しているかどうかは疑問です。

結局、大小を問わず継続し、良くなって行こうという気構えが造る側にない限り、中々そのジュエリーの長いスパンでの信用は得にくい。

情報を与える努力


このブログを書き出した理由は、ジュエリーを探している方、探し方がわからない方々に情報を与えたいと思ったからです。
個人個人の人生のなかで、ジュエリーを身につける意味みたいなことを知ってもらって、少し気持ちが穏やかに、やさしくなれたらすてきでしょう。

「広告宣伝」をすべて否定するわけではないけれど、あるいは「広報活動」という、新聞や雑誌に書いてもらうための活動も悪くはない。
けれど、まず自分から発信しなければダメだ。と思ったのです。
本来の心地いいジュエリーのあり方とか、ジュエリーの選ぶ基準とか。

ジュエリーみたいなものは、気持ちよく、心地よく手に入れたいですよね。

「SEO的にいいから、ジュエリーのお手入れやメンテナンスについて書きませんか?」と、SEO宣伝広告会社でしょうか、電話がかかってきます。
確かに、それは知りたい情報なのかも知れません。
でも、もっと根本的なことが知りたいんじゃないかと思っています。

ジュエリーを身につける根本とか、基準とか?生き方や、人生に寄り添ったものの見つけ方とでも言いましょうか?

それで、私たちが造っているものも見て、触って、感じてもらえたらいい。買ってもらえたら、さらにうれしいです。

とはいえ、多くの方に知ってもらいたいからSEO的に少しは考えて書いていますよ。それも継続、持続可能性のために。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

なんでジュエリーなんか売っているんだろう?-職業について

職業というのは不思議である。
何がきっかけでその仕事を始めるのかはわからない。
私の場合は、父がいわゆる町の小さな父ちゃん母ちゃんの時計屋であった。時計・めがね・宝石というなんだか良くわからない混合商売をしていた。しかし、まったくそういった仕事に興味があったわけではないし、宝石などというもの身につけることなどなく育ったと思う。

学生時代も会社で働きだしてからもファッションやジュエリーにはほとんど興味が無く、体力勝負、素で生きるというスタンスで生きていたように思う。したがって高価なジュエリーを買う人の気持ちなどわかる訳もなく、コンピューター会社の会社員時代は、ひたすら営業という仕事に没頭していた。
しかし、職業というものは不思議で、しばらく営業の仕事をしているうちに多少なりとも、プロという意識が芽生えてきた。そうなると、客は自分をどう見るか、この仕事をするために自分がどう見られなければいけないか、ということを考えるようになる。そして、いい仕事をしたければ、自分の考えや生き方が反映した「モノ」を身につける必要があるということに気づいた。
確かに予算の関係上、そんなに高いものは買えないけれど、一つ一つ自分の生き方何かしら反映したものが欲しいと考えるようになった。そして、縁あってこの仕事に就くようになり、実はジュエリーはその究極の「モノ」の一つであることに気づく。
IMG_1362+.jpg
ジュエリーというものは、何年も何百年もの耐久性があり、修理が出来、ずっと身につけていられるという本当に不思議な「モノ」なのである。最近は、耐久性がなく、修理が効かない、いわゆるファッションジュエリーというものも増えている。だからそれなりのものはそれなりの値段で、勿論二の足を踏むのが当たり前であろう。
しかし、何かの記念、何かの機会があったらちょっとちゃんとしたものを買って欲しい。きっとそのジュエリーには、自然から恵まれた石や鉱物と職人の汗と涙とがいっぱい詰まっていて、その後のあなたの人生を共に歩んでくれるパートナーになると思うから。

このようにベタな学生時代から、多少なりともこだわりを持つ人間に変わった軌跡を書いてみたけれど、職業というものは、人の人生観を大きく変えるから不思議のものです。それは専業主婦でもパートでも、あるいは今一銭も稼げないけれど新しく仕事をしようとしている人でも、仕事の上下ってまったく無いのです。仕事をしていくというプロの意識。それが大切なアイデンティティだとつくづく思います。

シンコーストゥディオのページ http://www.shinkostudio.com/collection/rings/hisho.php
ウェブショップ    http://www.shinkostudioshop.com/

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。