DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

科学技術とジュエリーの製作- 熟練の職人 だけではなく ITやテクノロジーの力をかりよう

目的意識があれば、 ITやテクノロジーを意欲的にとりいれていくべき


近年、ITやテクノロジーの進化がめざましいというけれど、あまり実感することがないかもしれない。

もうすでに、そしてこれからもっとすごい勢いで進んでいくのだなあと実感したのはこの高校と出会ってから。
これは文化祭です。この高校は3年になると課題研究なるものをやって、発表会やこの文化祭で発表するのです。

こんな風にロボットを作ったり

IMG_1939.jpg

電気自動車を作ったり。

IMG_1931_20161024121001ebb.jpg

電気の必要ない「動力源無搭載パワーアシストシステム」を作りました。

IMG_1932_20161024122618abb.jpg


建築は完全にCADを利用しています。

IMG_1940.jpg

ここの若者に共通しているのは、新しい技術を学ぶ入り口を与えると、どんどん自分で探求していくところです。
先生もおっしゃっていたのは、こういう世界になると、教師はすでに「教える。」という立場ではなく、まずはその機会を与えていくことでが最も大事であり、子供たちは今一番新しい技術や、ネット上にに流れている情報をどんどん貪欲に調べて取り入れて行くようです。

このスピード感。
そして、教師と生徒の逆転現象。

とはいえ、最も大事なのがが、「なぜこの技術が必要なのか?いったい社会の人に、何かしら利益や笑顔を届けられるだろうか?」ということではないでしょうか。
この発表を見る限り、若い彼らには、そういった純粋なまっすぐした気持ちと、新しいものを作っていくという気概があるように感じますし、とてもきもちいい。

ジュエリーこそ、新しい技術と人のもの造りの融合が未来の形


実は、日本のジュエリー製作は手作りのみにこだわっているところがあります。したがって新興国などジュエリーがたくさん売れる、工房などに比べると、テクノロジーの点では遅れているともいえます。
ところが、製作機械は日本製だったりするのです。

それをジュエリー用になかなか転換できていない。

でも、これからは新しいデザイン+テクノロジー+そこに 精緻な心意気のあるクラフトマンの仕事。
こうあるべきではないか?
と思います。

実際、CADやCNCを使ってしまった方が、きれいに簡単にコストも安く出来ることがあります。

最後は手仕事


とはいえ、ジュエリーのような高級品は、最後に手仕事の技が入らないと、どこかグリコのおまけみたいな感じになってしまいます。
最終的には、どこまで手をかけるか?
それが、全体的な上質感を左右すると思います。

言葉では一般の方にはわからないかも知れないのですが、実際に出来たものを見れば明らか。

というわけで、私たちは色々新しい技術に挑んでいる工房とタグを組んで、さらに創造性に富んだアーティストやデザイナーと一緒にもの造りをする。そしてITを使って私たちの活動を知ってもらう。

最後は、身につける方が納得できるものを作り上げる。そして、少しでも生きる力になる。

それが、私たちがやりたいことなのです。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

科学技術とジュエリー

先日、機会あって科学技術教育に特化している高校の文化祭に行ってきた。3年生が課題研究として色々な発表を行っていて興味深かった。泳ぐペンギンのロボット、本のページを自動でめくりスキャンしていくシステムなど。
tec_1_201310091616400ab.jpg

tec_2_201310091616395f2.jpg
彼らは高校生だしいわゆる理系お宅系の学生が多くてジュエリーとの関わりなど皆無なのだけれど、感じたのは物造りをする根幹の精神はいずれも共通しているっていうこと。
若いジュエリークリエーター達と付き合うことが増えた今日この頃、そのことを強く感じている。理系の若者は、数式を描くそれを実際は旋盤や様々な高度な機器などを使って物を造っていく。ジュエリークリエーターはデザインを描く、そしてやはりノコややすりを使って形にしていく。私たち日本人はどうしてこんなに物を造ることが好きなのか?
日本には資源もないし、国土は狭い。けれどきっと「物を造る」っていう精神にあふれているんだということを、改めて思う。無から何かを造り上げるのって、結局「人間力」なのではないかな?「物を知りたい」「造りたい」そういう欲求を元来人間というものは持っているもので、そのモチベーションを上げるのも下げるのも、環境しだい。
kaji_5.jpg

だから、先日行った高校で目を輝かせる青年を見ると、新しい明るい未来を感ぜずにはいられない。
そして、ジュエリーの若いクリエーターたちも今日も目を輝かせて、新しいジュエリーを目指して物造りに励む。地金に向かって一心不乱に物造りをしている姿は頼もしい。

何も無いところから、数式やデザインを描き物造りにつなげていく。それは人間ならではの崇高な創造性に満ちた活動で、ちょっと感動に心震えるのでした。

そこで、シンコーストゥディオのもう一つの活動として、若手ジュエリークリエーターを応援しています。今回はアトリエかじの作品を1ヶ月展示販売いたします。ぜひお越しください。7日以降は、ネットショップでもお求めいただけます。

シンコーストゥディオが応援する 日本のジュエリークリエーター
Atelier Kajiアトリエかじ展 
11月7日(木)~12月3日(火) 
DSCF6603.jpg

場所:シンコーストゥディオ世田谷本店
〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-14-12【地図】
(小田急線千歳船橋駅 徒歩2分)
TEL 03(3429)8077 / FAX 03(3429)8092
info@shinkostudio.com
www.shinkostudio.com

時間:AM10:00~PM7:00 (シンコーストゥディオ営業時間内)
   日・祝定休


【レセプション】
11月6日(水)PM7:00~ シンコーストゥディオ世田谷本店
Atsuko Kaji本人が来場、物造りへの熱い想いを語ります。途中、シンコーストゥディオ代表米井とのトークセッション。
どなたでも参加可能。軽食あり。


Atsuko Kaji

Atelier Kaji(アトリエかじ)主宰。
アメリカ・ピッツバーグ生まれ幼少期に日本に帰国。東京デザイン専門学校工芸アクセサリー科卒業後再渡米。ニューヨーク州立ファッション工科大学、ジュエリーデザイン科卒業。ニューヨークのハイエンド(高級)ジュエリー工房で製作に没頭、物造りの真髄に目覚める。帰国後、日本の有名ジュエリーメーカー工房にて更に研鑽を積み、2013年正式に作家活動を開始。



Atsuko Kajiからのメッセージ
自然が創り出す美しいラインに魅せられて、ハイエンドジュエリーの製作経験を生かしながら、エレガントだけれど決してコンサバティブ(保守的)ではないジュエリー作りを目指しています。自然の中で時間を過ごす時、自分もこの自然の一部であることを経験しながらその楽しさを何か形に残せたらと思っています。
私の作ったジュエリーを身に着けてくださった方の心が喜びに満ち溢れていいただけることを願います。


米井 亜紀子からメッセージ(シンコーストゥディオ代表)

Atsuko Kajiさんとお会いした際、「わたしロウ付け(金などの溶接)で金が真っ赤になってツーッと溶ける瞬間がなんとも好きなんです」「真っ赤になる瞬間が夕日に見えることも」と話していました。この言葉にアトリエかじの作品は凝縮されている気がしました。作家自身が、たまらなく好きで造るジュエリー、その土台があってそこに客観的な視点をもったジュエリーこそ、人を感動させるものが生まれるに違いありません。
日本、アメリカの優秀な工房で積んだ経験に裏づけされた技術と、海外で身につけた感性をぜひご覧ください。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。