DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

アップサイクルとジュエリーリフォーム

空き家から新しい価値を見出す


「日本の社会では、ジュエリー=富の象徴=金持ちを見せびらかす、あまりスマートではない人」的な
という雰囲気ができつつあるなか、ジュエリーを扱う者として、ちょっと悔しく日々書いています。

昨日だったか、久しぶりにNHKの「サキどり」というテレビの一部を見ると、空き家の廃材を引き取り、それを蘇らせて販売、あるいは店舗などに使う場合、施工までを手伝っている信州のリサイクルショップを取材して、放送していました。

空き家に使われている、床板や昔のガラス、あるいは指物などを引き取って、それをきれいにして販売している。

空き家の持ち主には、やはりそれなりに住んでいた当時の思い入れがあり、それが再生されるという意味で、とても意味がある仕事になっているようだ。

しかも、おしゃれ。

これを「アップサイクル」というと、ゲストで出演していた、ソトコト編集長の指出(さしで)さんが解説していました。

元々がアップサイクルであるジュエリー


「リサイクル」が再循環、製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用すること(Wikipwdiaより)であるならば、
「アップサイクル」は、使わなくなったものを、新しいものに変えて、価値を高めることだという。

この考え方は、すごくジュエリーに当てはまる。
というか、ジュエリーの本来の役割が、こういった家族の想いをつなぐとか、大切な人の気持ちを表すとか、そういうところにあり、それをまさにリフォームなどによって、今使える形にする。
まさに、元々アップサイクル。

たとえばお母様が使った、結婚のときに買った、などなど、高いものだからこそ、そして小さなかさばらないものだからこそ、時代を超えて、引っ越しても人はもち続ける。

それを、今の自分のライフスタイルに合わせて、つくりかえる。

リ・サイクル、アップサイクルのいまいちな部分


ただ、「リ・サイクル」「アップサイクル」がいまいちになってしまう理由は、プロのきちんとした仕事が入るかどうかで決まると思います。

たとえば、イッセイミヤケが手がけるアップサイクルの洋服は、確かに完全に「アップサイクル」と言われる原型を感じさせないクール感があるし、ステラ・マッカートニーなどが出がける洋服にはかっこよさがある。

だから、いかに持続的に仕事を続けて、お客様にも喜んでもらって、しかもつくる人にもいい循環が生まれるかどうか?ということは、ポッとでてきたアイデアだけでは無理です。
日々地道な仕事の積み重ねをしている、ものづくりの人たちをないがしろにしては不可能なのです。
そこに、上質感が生まれ、人間が積み上げてきた仕事が結集する。

しかし、実はそのものづくりの現状がとても大変なことになっているとおもうのです。
それではじめたのが、ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)という活動です。

この活動については次回書きましょう。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリーリフォームのたのみ方

ジュエリーのリフォームは自分史のたな卸し


ジュエリーのリフォームって聞くと、デパートなどで、枠があってそれに石を入れていくのを想像するかもしれない。
それもいいけれど、ジュエリーこそオーダーメイドで注文するのがいいと思っています。
K18ring_shinkostudio_2_2016110912154116b.jpg

洋服やその他のオーダーもあるけれど、ジュエリーはオーダーメイドをすべき究極のものでしょう。
なぜなら、ご自分が何かの縁で昔買ったリングやお母様、お祖母様から受け継いだものを、直して、復活させ、そして身につけるからです。

K18ring_shinkostudio_20161109121539667.jpg

その石には、歴史が詰まっている。

それはファミリーの歴史だったり、ご自分が頑張ったときの記念に買ったものだったり。
高額だからこそ、なにか非常に想いがあって買っていることが多い。

国を渡るストーリー


私がこの仕事をしていて、いくつかのアンティークと呼ばれる、古いジュエリーを手にすることがあります。

以前日本にいらっしゃったアメリカ人のお客様。
おそらく150年ほどは前ではないか?と思われる1Ct以上のダイヤモンド、枠は金のリング。
カットも未熟で、石は少しかけてしまっているのだけれど、歴史を超えた気品を感じました。

聞くところによると、アメリカに移住する前、祖先はオーストリアにいて、アメリカに渡ってきたといいます。
どうやらそのときの、オーストリアから持ってきたものらしいのです。

ジュエリーという物は
1.劣化しない。あるいは、何年たっても修理や磨きなおしで同じように光りだす。
2.小さい
3.それなのに高価
4.想いが詰まっている

という特性から、国を渡って、時代を超えて、人の心の支えになりうる不思議なものなのです。

今、自分のライフスタイルや考えにあったものに、ジュエリーをつくりなおす


だからこそ、自分のライフスタイルや生きかたを考えてみて、それにあったジュエリーにつくり直してみたい。
自分史をたな卸し。いったい今の自分はどうやって歩んできたのか?今の、自分にリンクするデザインは?

そんなことを考えてもらいたい。

だからこそ、カスタム・メイドのジュエリーリフォーム


だからこそ、カスタムメイドでつくりたい。

ぜひ、たのむときに、リフォームするジュエリーの物語を話しましょう。

確かに、注文する側も、受ける側も時間や手間がかかるでしょう。

シンコーストゥディオでは、デザインを起こし、デザイン画を提示し、途中で1から2回ワックス確認や、金やプラチナの段階になったものを確認していただき、お客様と一緒にものをつくり上げていきます。

決して安くはないでしょう。

大量生産ではなく、デザイナーが依頼主一人のために、その方の人生や、生活に想いをはせてデザインを考え。
また、クラフトマンも、出来るだけその方の要望に沿えるように1つずつ課題を解決していきます。

でも、相談だけはしてみてください。
一生に一度でもいいのです。納得したジュエリーを身に着けてほしい。

過去に対する挑戦でもあるジュエリーリフォームのデザイン


私がデザインを提案する場合に気をつけている、あるいはデザイナーに言うのは、必ず提案の中に1点は挑戦的な技法や、ラインを入れること。
たとえば、石留め。
技巧的には難しいけれど、こうしたらハッとする。
側面から見たときに、石のキューレットという、石の側面が見える、とか。
09_02前田様リング側面



鏡面効果を使ってみるとか。

つや消し感に風合いを持たせるとか。

それはざまざまなんですが、「今を生きる。」ってやはり、過去に対する挑戦であったりもするわけで。
そのあたりは、ジュエラーとしては果敢に取り組んでいくべきだと思うのです。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリー修理に想いを寄せて


ジュエリー修理は世界共通


オリジナルジュエリーを造っている身としては、もう少しジュエリーの修理について語っておく必要があるだろう。
ring_fix

金やプラチナ、少なくともめっきのかかっていないシルバーまでは、一般の人が見たら新品になったぐらいのレベルで修理や仕上げが可能です。しかも、ジュエリーの凄いところは、そのノウハウがほぼ世界で共通であり、どこでも修理が可能であるということ。(技巧的レベルが高いもの、特殊なものなどは除く。)

ジュエリーは「高い。」というけれど、それにはそれなりの理由があるのです。
たとえば、金やプラチナを「ろう付け」という溶接をする場合も少し融点の低い、やはり同じ金やプラチナを火で溶かして溶接をするのです。したがって、一般的にサイズ直しなどをしてもつなげたところはわかりません。

火の魅力


そして、金属の修理や加工は「火を使う」といういうところが、おそらくほかのものと違うと思います。
jewelry_fix

「ろう」を火を当てると、一瞬ぱっと光ってろうの珠が流れ出す。その一瞬の美しさ、感動はいつ見ていてもどきどきします。私はそんなに難しいろう付けはできないのですが、熱の伝導方向を考えて、ろうが流れ出す向きを計算に入れる。そしてそこに真っ赤な光った金属の珠がきちんと流れ込んだとき、そのろうは表面がぴかっと光る。
ですから、かなりクラフトマンは頭を使います。

ろう付けに限らず、ジュエリーの修理にはつくづく手順の組み立てや、科学的な根拠みたいなものが必要で、私がいつも優秀なクラフトマンと話していて思うのは、かなり理系よりの人が多いということ。

世界を渡り代々受け継がれるジュエリー


ジュエリーの修理を受けていると、歴史を肌で感じます。
100年以上前に、日本に渡ってきたであろう、フランスで造られたサファイヤとダイヤのアールヌーボー調のリング。

アメリカ人の駐在のお客様がお持ちになった150年ほど前のダイヤのリング。
祖先はオーストラリアからアメリカに渡った移民だったようです。
ジュエリーは小さくてそれでいて高価しかも身に着けるものなので、どんなに国を渡っても、その人の歴史とともに歩んでいるのです。


ジュエリーの修理やリフォームを大切な仕事だと思う


だからこそ、ジュエリーの修理、オーダーやリフォームという仕事も、ジュエリーというものの本質を追及する大切な仕事だとシンコーストゥディオでは考えています。「想いを受け継ぐ、ともに人生を歩む。」それが本来のジュエリーの役割だと思うのです。

そうでなければきっと私は、この仕事をしていないかもしれません。

昔から引き継いでいるジュエリーをその深い想いとともに、修理によって復活させてあげる、あるいはリフォームによって鋭い感覚のデザインとともに新しい息吹を吹き込んであげる。そして、日々お客様が身につけられるように。

それは、その方にとってはまるでお守りのようであり、それでいてクールにかっこいい、ジュエリーでなければありえない立ち位置のものなのです。

ジュエリーの修理心をこめて致します。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

必要なものとは何?

tumblr_inline_o24lkcT7b91ty4rht_500_201608162050122e9.jpg
昨日、久しぶりにテレビをつけると。
稲垣えみ子さんという方が、報道ステーションに出演なさっていて、アフロヘアーに少々驚きつつもお話を拝聴。元朝日新聞編集委員だそうです。彼女は、テレビも冷蔵庫も無しで、最低限の家電製品のみで暮らしをしているという。

話題はシャープの台湾の鴻海による買収問題。
鴻海の買収により、工業国日本が弱体化するということを恐れ、官民ファンドの産業革新機構がシャープを支援する協議もされているということでした。
ちょっと庶民には商売が大きすぎて、よくわかりませんが、
その話題の中でアフロ稲垣さんは「『物を大量に作って大量に売る』つまり、大量生産・大量消費のモデルを国家戦略として保守しようとするにはもう無理があるのではないか?」というようなことを話していました。

人々は、「こんな物」も「あんな物」も実はいらないものだったと気づき始めてしまったというお話。

翻って自分の生活を考えてみると・・・・築40年以上の中古住宅で、22年以上前の車に乗り、テレビはブラウン管のまま。

ずっと仕事をして来て、買い物に行く時間が惜しく、あるいはお金が無くて、そのままになってしまったというのが実際のところだけれど、家が冬かなり寒いのを除いては充分快適かもしれない。

ですから、稲垣えみ子さんのお話は「その通りだよな。」と思ってしまったのです。

しかし、私は宝石屋のおばちゃんなので、商売人。人に物を売る仕事です。ずっとずっと、お客様にとって、どういう時に物を買うべきか、買う価値があるのか?所有する意味があるのか?と自問自答の日々を過ごして来ました。

私なりの1つの考えとしては、お金で物を買うということは、人が心を動かしたいから=「感動」したいからなのではないかと思っています。

おそらく私が携わっている「ジュエリー」というものは贅沢品で、世の中では最も不要のものと思われているでしょう。しかし、私は反対に人間というものが太古から、憧れ、技術の粋を集めて、凄まじい労力と情熱を持って造り上げられるものだからこそ意味があるような気がしています。

ジュエリーに限らず、人が一生をかけて作っている物や新たな創造力によって造り上げられたものには魂が入っているというか、そういう気がするのです。そうやって造り出されたものが、人を感動させたり、勇気づけたりする。そういう価値観が、これからの必要なものと要らないものとの見極めになるような気がします。

とはいえ、私は日々の生活に寄り添う、ちょっと上質なジュエリーしか造れないのでジュエラーとしては三流なんです。三流なりの魂の入ったもの造りをしよう。そういう想いはあります。

私も稲垣さんのようにアフロヘアーになろうかしら?楽しそうです。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリーのリフォームとは、ちょっとした人生の振返り

ジュエリーのオーダー, リフォームって何でしょうね?

私は、ちょっとした人生の整理、振返りかなと思います。

というのは、人からもらったジュエリー、自分で買ったジュエリー。そのいずれもが、何かの記念だったりするのですね。頂いたものの経緯や、自分が手に入れた当時を振返ると何ともいとしさが(あるいはくやしさ)があふれ出てくるかもしれません。
そんな、人生の歩みを思い出しつつ、また身につけてみよう!って何とも前向きではありませんか。

日々、リフォームのお話を伺っていると、もうそこには数々のストーリーがあって、時には目頭が熱くなってしまうこともあります。そういうお仕事を出来たときって、一つの物語の本を読み終えたような気さえするのです。

シンコーストゥディオのオーダー・リフォーム詳しくはこちら

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

このカテゴリーに該当する記事はありません。