DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

自分で選ぶ難しさ- ジュエリーというものを通して

自分の生き方に沿ったものを選ぼう


ジュエリーという、最も世の中に必要の無いものといわれ、それをつくって売っていると、「人はなぜものを買うのだろう?」
というかなり究極的な問いにぶち当たる。

シンコーストゥディオ ISAGI[潔]リング, K18 ダイヤモンド

実は「ものを選ぶ、ものを買う。」
という行動は、実に難しい。

限られたお金を工面して買うのだから、その中で何を買うか、その人の生き方だとか、人生観だとかが反映されていく。

特に、ジュエリーの様な日々の日常生活に必要のないものは特にその判断が難しくて、一般の人たちはどのジュエリーを買ったらよいかなど到底わかるはずもない。

しかし翻ってみれば、いらないものだからこそ、「自分の生き方に沿ったものを選らぼうじゃないか。」と提案したくて、ジュエリーの仕事をしているのかも知れない。
製作から関わり、ジュエリークリエーターのためのコミュニティを作り、販売をしています。


情報が溢れる中で取捨選択する能力が問われている


ここ数年で、ネットを含めた情報が多すぎる。

私もご他聞に漏れず、フェイスブックやツイッター、インスタグラム、その他諸々のSNS,そしておびただしい広告。
情報は確かに簡単に手に入るようになった。

けれどあまりにも情報が溢れていて、どれが本当の情報であるかを判断するのが難しくなっているように思います。

自分が今、情報に操られて大切なものを忘れていないかどうかを、いつも疑ってかかっていないとことの本質を逃してしまう危うさがある。

たとえば、受験産業。
大学に行くことは、悪いことではないが、あまりに高額な予備校、膨大な借金になる奨学金を借りてまで、全ての大学が行く意味があるものかを問い直してみる必要があるかもしれない。

そんな状態だから、自分が本当に必要なものを見つけて、高額なお金を払うのには相当な勇気と決断が必要になる時代だと思う。

日常にどれだけ喜びや勇気を与えてくれるものか


今、私のものを買うときの順番のつけ方は、まず「自分の日常にどれだけ喜びや勇気を与えてくれるものか。」という判断が働いている気がします。
というのは、ジュエリーにしろ、日用品、食品にしろ、心地よく、つつがなく、幸福に日々を送りたいという願いのようなものがあります。

これは、人それぞれで、感じ方や、価値観は大いに違っていいと思っています。

しかし、私の判断基準は、近頃「日々の生活。」
実は、この日常を保つのは結構大変だと、今、人々は気づき始めています。

だからこそ、日常に使える上質なジュエリーが、必要とされているのではないかとも思います。
おそらく、私たちがつくるジュエリーはそれほど奇をてらった形ではないかもしれない。
けれど、着け心地や質感を感じて、ずっと使って欲しい。

新しいものをつくるたびに、ひどく消耗をするのです。
それでも、今また、ジュエリーアーティストやクリエーターと共に「丁寧に日常を生きる。」をテーマに、ものづくりを始めました。

西林佳寿子展終わりました

 

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

知ってもらう努力

ものづくりこそ、知ってもらう努力が必要

HeroRinge_1000_2017052710431447e.jpg

ものが売れないといわれている時代。
今まで、私たちものをつくって、売る人間たちに足りなかったことについて考えています。

売り方や、伝え方も含めてものづくりをやっていかないといけないと反省しきりです。
そういうことだと思うのです。

伝えること、売り方までがデザイン


だから、ものをつくる前に、まず本当に今を生きる人のためになるものかを考えてみる必要があるでしょう。
それは、別に今、このときに必要とされているものである必要はなく、まだ誰も気づかない価値を提案するという「必要」でもいいと思うのです。
むしろ、その方が価値は高いかもしれません。

しかし、まだ誰も気づいていない価値を広めていくには、それ相応の伝える努力が必要だろうと思っています。
私が、今こうやってブログを書くのも、日本の金工の仕事を知ってもらいたいし、その仕事を基礎として現在の日本のジュエリーがあるということを知ってもらいたい。
また、ジュエリーというものが、素材価値だけではなく、人の創造性や、修練に裏付けされた人の技術によるものであり、そういったことに価値を見出して欲しいと思っているからです。

おそらく、今までの一般ジュエリーの価値基準とは、相当かけ離れているけれど、日々の自分の生活に寄り添って、自分の歴史を共に歩んでくれるジュエリー。その方が、価値があると思っています。

富の象徴としてのジュエリーからの価値の考え方の転換をしようよという提案です。

それを伝えるには、やはり色々な努力が必要だと思っています。

ものを通して何をしたいか


結局は、自分がしている仕事を通じて、ものを通じてどういうメッセージが伝えたいか。
それに尽きるような気がします。

実は、私自身はお金持ちの家に生まれたわけではないので、少々ジュエリーというお金持ちしか買えない商材に疑問をずっと抱いています。
しかし、一方でジュエリーの歴史や仕事や、関わる人を知れば知るほど、この価値を伝えることは、あながち社会の人にとってもマイナスではないのかもしれないと、
最近は、少しずつ自分を納得させている日々。

balance_1000.jpg

ジュエリーの新しい価値を伝えるということで、ドイツで活動するコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子展をお店で明日まで開催しています。
ジュエリーを「つくる」「つける」人をつなぐ活動のひとつととらえ。
今日は西林佳寿子さんが2:00~5:00まで来店してくださる。
期待しています。
詳しくはこちら

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

もう着飾るためのジュエリーはやめよう!

ジュエリー=着飾るをやめよう


ジュエリーというと、特別の時、着飾る時に着けるというイメージがあるけれど、本来のジュエリーの存在する意味を考えてみると、この考え方からもう脱却しても時期ではないかと思っています。
puton_530_20170522101028f8b.jpg

以前は富の象徴やラグジュアリーな生活をしているのがステイタスだったけれど、経済発展が行くところまで行ってしまった今なんだかそういったものが虚像に見えて来た。
最近、もっと自分らしく、自分の考えで、自分の生き方で生きていくほうがとても楽に生きられるような気がしています。

もうそろそろ、ジュエリーも自分の思想やライフスタイルやそういうものとリンクするものを選ぼうではないか!
そして、長く長く使おうではないか!

デザインはただ単にそのジュエリーの形だけではない


「デザイン」というと、大抵そのものの形を言うけれど、私はそうは思わない。
そこにいたるプロセスや、想いや、そして何より今社会にある問題を解決するのが「デザイン」の最大の役目だと思っています。

それはとても難しいことなのだけれど、世の中に生きている人の声に耳を傾けなければいけない。
たとえば今なら、なんとも閉塞的な今の世の中に生きる人たちの心をどうしたら少しでも穏やかにできるだろうか?など、少し目標は大きすぎるかも知れないけれど、そんなことを考えて日々仕事をしています。

もうそろそろ、自己表現の手段としてジュエリーを選ぼう、そして着けようという、宝石屋のおばちゃんの提案。
そうしたら、もう少し人がそれぞれ違うのだということを、穏やかに、緩やかに認め合える気がする。

シンコーストゥディオがコラボレイトして作品を作っている、ドイツで活動している、ジュエリーアーティスト西林佳寿子の展示が下記の日程で行われることになりました;。ドイツに戻る前に、急遽4日限定で、「西林佳寿子展Extra edition」をさせていただけることとなりました。
詳細は下記の通り

西林佳寿子展 Extra edition
2017.5/25(木)~28(日)
シンコーストゥディオ世田谷ショップ
Open:10:00~19:00
27日(土)14:00~17:00 西林佳寿子がショップにおります。
ぜひ、お話に来てください。
詳しくはこちら シンコーストゥディオニュース

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

アートとしてのジュエリー、西林佳寿子展から - ジュエリーとしての価値を考える

コンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト 西林佳寿子の個展から


昨日は、一日西林佳寿子の個展のお手伝いに銀座のACギャラリーにいました。
私はアーティストでも、デザイナーでもクラフトマンでもないのでものづくりはできません。
でも、それだからこそ、一般の人の目でアートと言うものにどうやって触れ合っていくべきかを考えました。
opening_4_1000.jpg

アートはもっと普通の生活になじんでいい


アートとしてのジュエリーというと、かなり奇抜なジュエリーになるのではと思いがちです。
しかし、実際には大振りが多いなことを除いては、その西林作品はテイストはシンプルで美しい。

こういうジュエリーがもっと、普通の生活の中で、手の届くところにあったら日々の生活が本当に豊かになりそうです。
アーティストたちの、制作への熱心さは頭が下がるし、すごい発想力だと思います。
一般のジュエリーにもこの力を活用していけたらと思います。

opening_1_1000.jpg

もっと外向きに発信していく


しかし、これは私たち一般的なジュエリー業界にも同じことが言えるのですが、いったいだれがこの価値をきちんと伝えてきたのかと少々疑問に思っています。
言葉で伝える、視覚的に伝える、心をこめて。
日本のお客様は自分で物を選べないとか、意識が低いといっているのは違っていると感じます。

今までの価値基準の中で生きていくのも悪くはないのですが、新しい価値を提案して、人々の生活を豊かにしていくのが、私などビジネスをしている者の役割なのかも知れません。ものづくりをする人自体が、情報発信を本気でやろうと思ったら、制作ができなくなってしまう。

確かに現実は、何かしら自分のつくった作品だけではなく、先生になってを教えるなどしながら食っていかなければならないかもしれません。
けれど、ドイツで活動して、アーティスト一本で食って言っている人と、それ以外の人たちとはなんとなく違っていると感じます。もちろん西林さんはドイツ・日本で自分の作品を売ることだけで生きています。

人は中々追い込まれないと、新しい発想や既成概念を打ち破って何かやろうという気にはならないものです。

西林佳寿子の個展は明日13日まで
西林佳寿子ジュエリー展

2017年5/7(日)~13(土) 
銀座ACギャラリー 東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F http://www.ac-gallery.jp/access.html
AM11:00~PM7:00(最終日はPM5:00まで)
オープニングパーティ 5/8(月)PM5:00~

ドイツ、デュッセルドルフと日本で制作活動をしている西林佳寿子氏。折り紙のようなシルバーのジュエリーから、新しい素材に初挑戦です。チタニウムのブレスレット、アメジスト、シトリンなどのカラーストーンリングを出品します。

シンコーストゥディオとのコラボレーション作品Surface[面と線]も展示します。
(米井は5/10日に在廊予定です。)

Kazuko NIshibayashi ウェブサイト

あわせてシンコーストゥディオ通信もお読みください
シンコーストゥディオ通信2017April

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

民藝・工芸とプロダクトデザイン、そしてモノのこれから

工芸とプロダクトデザイン


先日、東京駒場にある日本民芸館に行ってきました。
fc2blog_201705041432013d4.jpg

金工という工芸の種類があります。
たとえば、打ち出しという技法で、平らな板から形をつくったり、象嵌(ぞうがん)という技術で模様を入れたり。
日本の伝統技法です。
それは、刀の鍔(つば)や武具などにも多く用いられていたので、江戸時代には刀剣の装飾を施す金工師は大名の加護を受けて、素晴らしい技術と、デザイン性が発展しました。

日本民藝館は「民藝」という新しい美の概念の普及と「美の生活化」を目指す民藝運動の本拠として、1926年に思想家の柳宗悦(1889-1961)らにより企画され、1936年に開設されました。

用の美


初代館長で、日本民藝運動の中心的存在であった柳宗悦。
「用の美」という考え方を提唱した人です。
ものは使われるからこそ、美しい。

これは、日本のプロダクトデザインの思想の根底につながっています。実際に今の館長は日本のプロダクトデザインの第一人者、深澤直人

また初代館長の柳宗悦の息子、柳宗利はプロダクトデザインの日本における先駆け的存在だった方。

ジュエリーは特別な時につけるものか?


ずっと私の中にあった、ジュエリへの違和感は、ジュエリーは特別な時に着けるもので、華やかでキラキラしていなければいけないというものです。
fc2blog_201705041433178a6.jpg
もっと普段に、もっと自然に、生活に溶け込めるように。
たとえばこの柳宗理のバターナイフの様に。
日本の民藝・工芸+アート+テクノロジーがこれからの、人が必要とするものを作り出すような気がします。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

該当の記事は見つかりませんでした。