DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

自分で選ぶ難しさ- ジュエリーというものを通して

自分の生き方に沿ったものを選ぼう


ジュエリーという、最も世の中に必要の無いものといわれ、それをつくって売っていると、「人はなぜものを買うのだろう?」
というかなり究極的な問いにぶち当たる。

シンコーストゥディオ ISAGI[潔]リング, K18 ダイヤモンド

実は「ものを選ぶ、ものを買う。」
という行動は、実に難しい。

限られたお金を工面して買うのだから、その中で何を買うか、その人の生き方だとか、人生観だとかが反映されていく。

特に、ジュエリーの様な日々の日常生活に必要のないものは特にその判断が難しくて、一般の人たちはどのジュエリーを買ったらよいかなど到底わかるはずもない。

しかし翻ってみれば、いらないものだからこそ、「自分の生き方に沿ったものを選らぼうじゃないか。」と提案したくて、ジュエリーの仕事をしているのかも知れない。
製作から関わり、ジュエリークリエーターのためのコミュニティを作り、販売をしています。


情報が溢れる中で取捨選択する能力が問われている


ここ数年で、ネットを含めた情報が多すぎる。

私もご他聞に漏れず、フェイスブックやツイッター、インスタグラム、その他諸々のSNS,そしておびただしい広告。
情報は確かに簡単に手に入るようになった。

けれどあまりにも情報が溢れていて、どれが本当の情報であるかを判断するのが難しくなっているように思います。

自分が今、情報に操られて大切なものを忘れていないかどうかを、いつも疑ってかかっていないとことの本質を逃してしまう危うさがある。

たとえば、受験産業。
大学に行くことは、悪いことではないが、あまりに高額な予備校、膨大な借金になる奨学金を借りてまで、全ての大学が行く意味があるものかを問い直してみる必要があるかもしれない。

そんな状態だから、自分が本当に必要なものを見つけて、高額なお金を払うのには相当な勇気と決断が必要になる時代だと思う。

日常にどれだけ喜びや勇気を与えてくれるものか


今、私のものを買うときの順番のつけ方は、まず「自分の日常にどれだけ喜びや勇気を与えてくれるものか。」という判断が働いている気がします。
というのは、ジュエリーにしろ、日用品、食品にしろ、心地よく、つつがなく、幸福に日々を送りたいという願いのようなものがあります。

これは、人それぞれで、感じ方や、価値観は大いに違っていいと思っています。

しかし、私の判断基準は、近頃「日々の生活。」
実は、この日常を保つのは結構大変だと、今、人々は気づき始めています。

だからこそ、日常に使える上質なジュエリーが、必要とされているのではないかとも思います。
おそらく、私たちがつくるジュエリーはそれほど奇をてらった形ではないかもしれない。
けれど、着け心地や質感を感じて、ずっと使って欲しい。

新しいものをつくるたびに、ひどく消耗をするのです。
それでも、今また、ジュエリーアーティストやクリエーターと共に「丁寧に日常を生きる。」をテーマに、ものづくりを始めました。

西林佳寿子展終わりました

 

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

シャイン・オン!キッズでの和彫りデモンストレーション

蜀咏悄 2016-10-01 18 08 14_800

和彫りwaboriデモンストレーション


10月1日(土)東京アメリカンクラブで開催された、シャイン・オン!キッズのファウンド・レイジングパーティにお手伝いで参加してきました。当日は和彫りのデモンストレーションをさせていただき、多くの参加者の外国人の方、また日本人の方にも興味を持っていただきました。

シャイン・オン!キッズ(SOK)の活動のサポートは、おそらく7-8年前、外国人のお客様からの誘いから始まりました。最初はサイレントオークションにシンコーストゥディオの商品を寄付するだけでしたが、そのうち創設者で理事のキンバリーさんから、ジュエリーを作って欲しいというオファーがあり、今ではSOKのシルバーチャームやブレスペンダントを作っています。こちらは売れた収益のほとんどがSOKの活動に使われる仕組みになっています。シャイン・オン!キッズは小児がんや思い病気の子供とその家族を支援するNPO法人です。

では、なぜそこで和彫りのデモンストレーションをしているか?というと、パーティには毎回テーマがあり今回のテーマは「クールジャパン」ということもあり、日本の仕事や技がテーマでした。
subaru_2pieces_500_500_b.jpg

今回彫ったのは、この「Subaru[昴]」というペンダント。表は和彫り、裏はダイヤモンドが留まっています。表の彫りは下の5種類から選んで彫ってもらうことができます。

subaru_engrave_j.jpg

アイデンティティとは?


なぜ「和彫り」なのか?
なぜジュエリーに日本の感性や技が必要なのか?

ずっとずっと、それを考えて来ました。

ジュエリーというものの役割は、華やかな場所で身につけるだけのものではない、人生にくじけそうになったときにこそ身につけているものなのだ、ということが少しずつわかってくるようになりました。

だからこそ、日本人の私には日本の歴史に裏打ちされたジュエリーが必要でした。でも、それは過去を追うだけの工芸品でなく、古い固定概念で苦しんでいる人たちを、解放する役割も同時に持つべきだと考えるようになりました。だから、どんなに技術的に優れていても、それだけではいけないのです。新しいものを創り出していかなければならない。

そして、新しいものを生み出すときには、1つだけ必ずぶれない何かが必要です。それが日本の歴史をもつ「和彫り」であったりするわけです。それがアイデンティティ。そしてそこに、意味のある新しい感性のデザインを加えていく。そして、鏨(たがね)を使う彫りには、様々な可能性が潜んでいると考えています。

アイデンティティというのは、その人の誇り。誇りを持つということは、自己を認めるということ。そうしたらきっと、人はもう少し生きながらえる、強くなれる。そう思います。

ジュエリーが人に勇気と元気を与えられたら、それだけで、いいでしょう。そのため、鏨(たがね)を使ってみようと思い至ったのです。
シンコーストゥディオの和彫りのジュエリーをこちらからご覧ください。
シンコーストゥディオコレクション

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

つや消し ジュエリー

つや消しも色々あります


シンコーストゥディオのジュエリーは、様々なつや消しが入っているものが多いのです。
正確に言うと、つや消しというより、様々なテクスチャー=細かい模様です。
このリング(Yoi-No-Myojo[宵明星])つや消しは、「ホーニング」といって、ガーネットの細かな粉などを吹き付ける。その粗さも色々で、その大小で雰囲気も変わります。いずれにしろ、まず究極に磨く→つや消しや、テクスチャーをつけるという作業です。
このリングも、上面はホーニング側面は鏡面とそのコントラストが醍醐味です。
matt_ring_2_800.jpg
このホーニングは、ふわっとしていて柔らかい雰囲気ですが、長く身につけていると、特にリングの下の方は磨かれてつるつるになりやすいのです。(仕上げなおしすれば直ります。)このホーニングが技巧的に難しいとしたら、それはむしろ「マスキング」と呼ばれる、鏡面に残したいところを筆で吹きつけがあたらないように保護する工程でしょう。
たとえば、Choju-Giga[鳥獣戯画-兎]のシルバーチャーム。耳だけが光っているのわかりますか?これはそれ以外のところをすべて筆でマニュキュアのようなマスキング液で覆って、そこに吹き付けて、表面を荒らしてあるのです。
chouju_giga_usagi_charm_800.jpg
こういう細かい立体だと、マスキング作業の方がよっぽど手間がかかって、大変なのです。でも、そのコントラストがいいのです。それが金属の質感の表現であり、微妙な感性が必要なのではないでしょうか?

テクスチャー-模様 をつける


こちらは「Hisho[飛翔]」という名前がついているリング。ふわっとしたリングの表面の雰囲気は、羽の羽毛のイメージ。
これは、クラフトマンと対話しながら色々な表面の模様を試行錯誤して作りあげたものです。
matt_ring_800.jpg
こういうテクスチャーを思いつくには、クラフトマンが休みの隙間時間などに、色々試してみる余裕や情熱がないとハっとするテクスチャーにはたどり着きません。
このテクスチャーは、上のリングの吹きつけで荒らすのとは違って、もっと深く金属に加工を施すので、なかなか表面のつや消しは取れずらい。かなりもつと思います。

つや消しやテクスチャーこそ日本の仕事文化


日本には、本来、鏨(たがね)や和彫りなどによって、金属なんだけれどもまるで布地のように見せる、様々な技法がありました。鏨とは金属を加工するための鋼(はがね)でできた道具です。
tagane.jpg

この鏨、種類はたくさんあって、さらに職人は彫るものによって、その先端を自分で作るところからが仕事。
そして金属にテクスチャーや彫りをつける技法こそ、日本のデザインの真骨頂であり、むしろ昨今ヨーロッパで生まれてきた、コンテンポラリーなアートジュエリーとも共通するような気がするのです。本当は日本のお家芸のはずなのに。そのことを、ほとんどのジュエリー関係者は知らないし、ましてや一般の方たちも知らない。だからこんなブログを書いています。

金属を布地のように感じる


たとえばこの「Oribe[織部]のリングは、側面の鏡面と表面の交差した線が全体を引き締めています。
matt_ring_4_800.jpgmatt_ring_3_800.jpg

すっと私のジュエリーの造りの師である、職人は言います。

「金属は布地のように表現できる。」

それでいて、さらにできれば色も感じられるように」という教えでした。
いまだなかなかその境地にはいけないのですが。ふと、その言葉を感じています。

それは日本の伝統の金工の仕事から来ているのです。刀の鍔(つば)や装飾のは、様々な技巧的且つ美しいテクスチャーが施されてきました。清水三年坂美術館
日本固有の金属の色の出し方「色金」に関してはまた別に述べます。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

「笑い」の力

tumblr_inline_o260cmZzxt1ty4rht_500.jpg
今朝の朝日新聞Globeの特集は「笑いの力」だった。
Globe Web

24年前に、ユーゴスラビア紛争のさなか起きた「サラエボ包囲戦」で生き延びた人たちの笑いとユーモアについて。「ユーモアと想像力で、平常心と日々の営みを保つ努力を続けた。」とあり、改めて「笑う」ということの意味を考えさせられた。

国家権力に、ユーモアで対抗することは、とても有効らしいのです。「権力者はユーモアに対してまともに反応したら馬鹿にうつる。反応しなかったら弱虫になる。どっちに転んでも不利。」(朝日新聞Globe)なんだそうです。たしかにそうかもしれません。

笑い」というのは、人間の「業」だとか、「隙」だとか、そういったダメダメな部分なんだけれども、そういうのってやっぱり面白い。
たとえば、日本の江戸時代に花開いた、浮世絵や金工の仕事にも、すごいユーモアが潜んでいて私はそうやって、造られた物が大好きです。
かんざしなどのモチーフの中には、鬼が傘の内職にいそしんでいていたり、出島の外国人を面白く描いているものがあったり。
いわゆる「洒落(しゃれ)」と呼ばれるものです。

そういう精神が日本のもの造りには息づいていて、馬鹿みたいに精力を注いだ仕事に洒落のエッセンスがちりばめられていたりもします。人間の「隙」だとか「不完全さ」とかそんな完璧じゃない部分がいとおしい。そういう感情をどこかに表現したくて、チャームのシリーズを造った経緯があります。
ちょっと太った麒麟やしっぽがからまっちゃた龍などなど(上の写真参照)
鳥獣戯画チャーム

Globeのなかで
・「人間ってみっともないものでウソもつくし、人のものに手を出すこともある。それをいかに認め笑いのめすかだ。」(マイキタスポーツの槙田雄司)

・「自分を笑える能力は人の力強さを表している」(ヤスミンコ・ハリロビッチ)

うーん、納得させられる言葉でした。笑っていこう。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

該当の記事は見つかりませんでした。