DAIKYU DIARY 大九日誌

シンコーストゥディオ代表 米井がつづっています

自分で選ぶ難しさ- ジュエリーというものを通して

自分の生き方に沿ったものを選ぼう


ジュエリーという、最も世の中に必要の無いものといわれ、それをつくって売っていると、「人はなぜものを買うのだろう?」
というかなり究極的な問いにぶち当たる。

シンコーストゥディオ ISAGI[潔]リング, K18 ダイヤモンド

実は「ものを選ぶ、ものを買う。」
という行動は、実に難しい。

限られたお金を工面して買うのだから、その中で何を買うか、その人の生き方だとか、人生観だとかが反映されていく。

特に、ジュエリーの様な日々の日常生活に必要のないものは特にその判断が難しくて、一般の人たちはどのジュエリーを買ったらよいかなど到底わかるはずもない。

しかし翻ってみれば、いらないものだからこそ、「自分の生き方に沿ったものを選らぼうじゃないか。」と提案したくて、ジュエリーの仕事をしているのかも知れない。
製作から関わり、ジュエリークリエーターのためのコミュニティを作り、販売をしています。


情報が溢れる中で取捨選択する能力が問われている


ここ数年で、ネットを含めた情報が多すぎる。

私もご他聞に漏れず、フェイスブックやツイッター、インスタグラム、その他諸々のSNS,そしておびただしい広告。
情報は確かに簡単に手に入るようになった。

けれどあまりにも情報が溢れていて、どれが本当の情報であるかを判断するのが難しくなっているように思います。

自分が今、情報に操られて大切なものを忘れていないかどうかを、いつも疑ってかかっていないとことの本質を逃してしまう危うさがある。

たとえば、受験産業。
大学に行くことは、悪いことではないが、あまりに高額な予備校、膨大な借金になる奨学金を借りてまで、全ての大学が行く意味があるものかを問い直してみる必要があるかもしれない。

そんな状態だから、自分が本当に必要なものを見つけて、高額なお金を払うのには相当な勇気と決断が必要になる時代だと思う。

日常にどれだけ喜びや勇気を与えてくれるものか


今、私のものを買うときの順番のつけ方は、まず「自分の日常にどれだけ喜びや勇気を与えてくれるものか。」という判断が働いている気がします。
というのは、ジュエリーにしろ、日用品、食品にしろ、心地よく、つつがなく、幸福に日々を送りたいという願いのようなものがあります。

これは、人それぞれで、感じ方や、価値観は大いに違っていいと思っています。

しかし、私の判断基準は、近頃「日々の生活。」
実は、この日常を保つのは結構大変だと、今、人々は気づき始めています。

だからこそ、日常に使える上質なジュエリーが、必要とされているのではないかとも思います。
おそらく、私たちがつくるジュエリーはそれほど奇をてらった形ではないかもしれない。
けれど、着け心地や質感を感じて、ずっと使って欲しい。

新しいものをつくるたびに、ひどく消耗をするのです。
それでも、今また、ジュエリーアーティストやクリエーターと共に「丁寧に日常を生きる。」をテーマに、ものづくりを始めました。

西林佳寿子展終わりました

 

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

静かにつたえる力- アートジュエリーに関わって

声高ではなく、静かにつたえる力


先日のドイツのコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子の銀座での個展、及びシンコーストゥディオでの展示をサポートして思うところ。
アーティスト、ギャラリー、ジュエラーの垣根を越えてみる-西林佳寿子個展での試み 5/7(日)~13(土)  アートとしてのジュエリー

明日!5/27日(土)2:00~5:00西林佳寿子来店


私はビジネスとしてジュエリーの仕事をしています。

でもアーティストの人たちは、素晴らしい創造性を持ちつつ、やはり何か浮世離れした世界に漂っている。
資金繰りが第一の課題であるビジネス的に見ると、のんびりしていて、困っちゃうなあと思うことも多いのですが、一方で、これもありだと思うのです。

きっとこういう人たちも世の中にいないと、息苦しい世の中になってしまう。
彼らには、声高ではなく、静かに想いをつたえる力がある。

ちょっとした仕掛けが楽しい、優しい気持ちになるジュエリー



アートとしてのジュエリーには色々な仕掛けがあることも多いのです。
くすっと笑ってしまうような遊び心。
イタリアで活動する栗原章子の作品。

alchemistic stick from Akiko Kurihara on Vimeo.



今回の、西林佳寿子の作品展でも、同じ板を組み合わせた交差したブレスレットや、同じ板から全く違う造形をつくりあげたブローチなど。
opening_4_1000.jpg

こういう作品をつくり出したり、購入することは、今の社会情勢からみると対極的に小さい個人的なことであるけれども。
なんだかとても健全に思えます。
こういうジュエリーを着けていると、どんなときでも笑えるような気がします。

寛容で、心地よくて、面白い。

だいたい、人の幸福なんてものはそれほど大それたものではなく、日常の「うまくいった」の積み重ね。

アートやクラフトの世界を少し身近にしてみよう


今私たち、シンコーストゥディオが取り組もうとしているのは、こういったメタルワーク(金工・彫金)のアートやクラフトといったアーティストやクラフトマンと一緒にものづくりをし、彼らの仕事を紹介、一般の方々との距離感を縮めること。

今取り組んでいる新作のテーマは

「丁寧に日常を生きる」

アーティストや若手クリエーターの力を借りつつ、日常の生活を慈(いつく)しむことができるジュエリーをつくりはじめています。

何でもない日常を維持する難しさ



なんでもない日常というのは、あっという間に消えてなくなるということが、震災以降の多くの人が気づいてしまった。
実は大変な努力をしていないと、日々の生活は明日にでも壊れてしまう。
だからこそ、日常を大切に、慈しんでいこうという提案。

きっと、このテーマは一般的なジュエリーの概念とは相反するものと思われがちです。
しかし私たちは、表面的ではない本来のジュエリーの役割は日常にある。
だからこそジュエリーが存在している、ということを伝えていきます。

アーティストやクラフトマンが参画していくジュエリーは、非常に静かに、力強く、その想いを伝えていく力があると信じています。



シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

知ってもらう努力

ものづくりこそ、知ってもらう努力が必要

HeroRinge_1000_2017052710431447e.jpg

ものが売れないといわれている時代。
今まで、私たちものをつくって、売る人間たちに足りなかったことについて考えています。

売り方や、伝え方も含めてものづくりをやっていかないといけないと反省しきりです。
そういうことだと思うのです。

伝えること、売り方までがデザイン


だから、ものをつくる前に、まず本当に今を生きる人のためになるものかを考えてみる必要があるでしょう。
それは、別に今、このときに必要とされているものである必要はなく、まだ誰も気づかない価値を提案するという「必要」でもいいと思うのです。
むしろ、その方が価値は高いかもしれません。

しかし、まだ誰も気づいていない価値を広めていくには、それ相応の伝える努力が必要だろうと思っています。
私が、今こうやってブログを書くのも、日本の金工の仕事を知ってもらいたいし、その仕事を基礎として現在の日本のジュエリーがあるということを知ってもらいたい。
また、ジュエリーというものが、素材価値だけではなく、人の創造性や、修練に裏付けされた人の技術によるものであり、そういったことに価値を見出して欲しいと思っているからです。

おそらく、今までの一般ジュエリーの価値基準とは、相当かけ離れているけれど、日々の自分の生活に寄り添って、自分の歴史を共に歩んでくれるジュエリー。その方が、価値があると思っています。

富の象徴としてのジュエリーからの価値の考え方の転換をしようよという提案です。

それを伝えるには、やはり色々な努力が必要だと思っています。

ものを通して何をしたいか


結局は、自分がしている仕事を通じて、ものを通じてどういうメッセージが伝えたいか。
それに尽きるような気がします。

実は、私自身はお金持ちの家に生まれたわけではないので、少々ジュエリーというお金持ちしか買えない商材に疑問をずっと抱いています。
しかし、一方でジュエリーの歴史や仕事や、関わる人を知れば知るほど、この価値を伝えることは、あながち社会の人にとってもマイナスではないのかもしれないと、
最近は、少しずつ自分を納得させている日々。

balance_1000.jpg

ジュエリーの新しい価値を伝えるということで、ドイツで活動するコンテンポラリー・ジュエリー・アーティスト西林佳寿子展をお店で明日まで開催しています。
ジュエリーを「つくる」「つける」人をつなぐ活動のひとつととらえ。
今日は西林佳寿子さんが2:00~5:00まで来店してくださる。
期待しています。
詳しくはこちら

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

ジュエリー・アーティストとの仕事をデザインしてみる

西林佳寿子展から思うこと


5月7日~13日に銀座のACギャラリーで開催された、西林佳寿子の個展が終わりました。
今回、私は昨年西林さんと一緒につくったSurface[面と線]という作品の出品に伴い、個展のお手伝いをさせていただきました。
opening_1_1000.jpg


アーティストの世界と言うのが、こういうものだったのかと、実はあまり芸術に明るくない私は様々な感想を持ちましたので書きました。

きれいなカタチや質感って、なんだか不思議で心地いい


今回の個展で、驚くことに出品の半分以上が新作でした。
彼女の制作意欲のパワーはすごいなと。
しかも、それぞれが創造性に満ちている。

たとえば、このブローチは全て同じ形の板なのに、出来上がりが全て違う。
opening_4_1000.jpg


たとえばこのバングルは2枚の全く同じ形の板を交差しているだけで、溶接もなにもしていない。
opening_3_1000.jpg
そのからくり?に「へー」とか「はー」とか関心するだけではなく、出来上がったカタチが皆が納得する美しさを持っている。
こんなものが、ちまたに売っているのだろうか?出回っているのだろうか?
と思うと、彼女たちはもっと評価されるべきだと、そう思うのです。というのは、こういう感性というのは今の閉塞感に満ちた時代に、何となく心の落ち着きをもたらしてくれるような気がするのです。

きれいなカタチや質感って、なんだか不思議で心地いい。

ささやくように、声高ではなく人の心を救う


数年前に彼女に出会ってから数年建つけれど、彼女の実力は本物であった。と今思っています。

20年以上、ずっとドイツでこつこつとジュエリーをつくり続け、その間にはもちろん、言葉の壁、人種の壁、国籍の壁、そしてアーティストとての壁。色々乗り越えてきたのだと思います。それが作品に出ているのだろうと感じます。

彼女がすごいなと思うのは、アーティストとして自分の作品だけで生きてきたこと。

こういう、ジュエリーこそが、人の心を救うような気がします。
しかもそれは、ささやくように、声高ではなく。

ちなみに、西林さんがドイツに戻る前に、急遽4日限定でシンコーストゥディオで、「西林佳寿子展Extra edition」をさせていただけることとなりました。
詳細は下記の通り

西林佳寿子展 Extra edition
2017.5/25(木)~28(日)
シンコーストゥディオ世田谷ショップ
Open:10:00~19:00
27日(土)14:00~17:00 西林佳寿子がショップにおります。
ぜひ、お話に来てください。
詳しくはこちら シンコーストゥディオニュース

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

日本のジュエリーと伝統工芸

伝統工芸とジュエリーには深いつながりがある


あまり知られていないのですが、日本の伝統工芸と言われる金工の仕事と日本のジュエリーには深い、深いつながりがあります。
と知ったかぶりをしたところで、私自身もこのジュエリーの仕事に携わるようになり、職人さんから教えていただいて知ったことです。
DSCF4704.jpg

日本のジュエリーの背景を知るようになってから、私はやっとジュエリーという仕事にきちんと向き合っていこうと思えたのだと思います。

江戸時代、大名たちは競って刀や武具、つまり鍔(つば)や鎧(よろい)等々の装飾を施す金工師をかかえ、育てていました。
その技術や、アーティスティックな感性は世界に類を見ないほどのもので、今見てもため息が出ます。

明治になり廃刀令が施工されると、その金工の仕事をしていたものたちは、美術品としての工芸やジュエリー製作のの道へ仕事を転換していきました。
象嵌(ぞうがん)や色金(いろがね)を用いた、超絶技巧の工芸品は、パリ万博などで人気を博しヨーロッパでのジャポニズムの流れの一端を担いました。

東京藝大での教育


東京藝大の基礎を築いた岡倉天心は、海外での生活も長く日本の美術に対する造形が深かったためか、日本独自の絵画や陶芸、金工などの学科を設置しています。
東京藝大の初期の彫金科(工芸科)の教授は、加納夏雄海野勝珉といった海外の博覧会などでも高く評価されていた金工の仕事をする人たちでした。

金工の仕事


これは、目貫(めぬき)という刀のもち手のところにはめ込まれる小さな装飾細工。
実は、紐がかかってしまって、その全様は見えなくなってしまうのですが、こういうことに昔の日本人は凝ったのですね。
DSCF4686_5.jpg
すごく生き生きしていますよね。
当時は鋳造(ちゅうぞう)ではつくれなかったので、「打ち出し」といって、鏨(たがね)で平らな板を叩いて立体感を出していきます。
daikon_nezu_7.jpg
これが刀についていたかと思うと、ちょっと洒落っ気があって、笑ってしまいます。
daikon_nezu_7_2.jpg

日本の工芸とデザイン


こういった、日本の引き継がれてきた仕事を見ると、その仕事の創造性の高さと質の良さを感じます。
そして、日本のジュエリーはこういった、金工の仕事から派生しているので、決して西洋の真似ではないと確信しています。

でも、それには今を生きる人が必要とするメッセージのあるジュエリーを、デザインの段階から考えていかなければいけないと思っています。
デザインの応えは、すべて社会の中にある。
人が求めている、必要としているものを、つくり手、売り手、身につける人たちも巻き込んでつくっていくのが、正しいモノのつくり方だと強く感じる今日この頃です。

シンコーストゥディオ/ジュエリー・アーティスト・ジャパン(JAJ)

代表 米井亜紀子

該当の記事は見つかりませんでした。